Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2016年7月13日

イツモ防災

    itsumo_top

項目

 イツモ防災とは防災マニュアルブック配布資料その他の教材イツモ防災講座お知らせ

イツモ防災とは

日本に暮らすということは地震とともに生きていくということ。
だからこそ、地震への備えを平常の生活と切り離して「特別なこと(モシモ)」として捉えるのではなく、
「イツモ」の生活の中で自然体で当たり前のこととして取り組むことが大切です。

埼玉県では、イツモの備えを具体的に分かりやすく伝えていくことで、県民の皆様が防災に取り組みやすい社会を目指しています。

※注意:「いつも防災のことばかり考える」のではなく、「いつもの活動が防災になっている」又は「(やりやすい方法を知ることで)防災が取り組みやすくなっていく」ことを目指すものです。

 

防災マニュアルブック【家庭での備えに活用】

家庭で取り入れやすい備えをまとめたリーフレットです。

家庭での備え、地域での防災の取組などで活用してください。

 

命を守る3つの自助編(家具の固定/災害用伝言サービス/3日分以上の水・食料備蓄)

 「防災マニュアルブック(命を守る3つの自助編)」(PDF:2,940KB)(平成28年4月更新)

three(PDF:2,940KB)

このPDFデータをダウンロードし、印刷して左側をとじれば、冊子として活用できます。

(1)家具の固定:家具の転倒防止器具の種類と活用方法、また身近な物を使った転倒防止方法を分かりやすく説明しています。

(2)災害用伝言サービス:各種災害用伝言サービスの特徴と使い方をイラストを使って掲載。携帯電話やスマートフォンの電池切れなどに備え、安否確認を伝えたい人の連絡先を書き込めるメモもついています。

(3)3日分以上の水・食料備蓄:「気がついたら賞味期限切れ」を防ぐ備蓄方法や、災害後一週間を乗り切る食事の工夫、おすすめの「非常食」などを紹介しています。 

 

家庭における災害時のトイレ対策編(平成28年3月制作)

「防災マニュアルブック(家庭における災害時のトイレ対策編)」(PDF:3,788KB)

toilet(PDF:3,788KB)

このPDFデータをダウンロードし、印刷して左側をとじれば、冊子として活用できます。

 災害時、「流す水がない(上水道に支障)」「トイレの水が流せない(下水道に支障)」場合は、普段の水洗トイレが使えなくなります。こうした時に各家庭でどのように対応すればよいのか、また、どのようなの備えが必要なのかという視点でまとめた冊子となっています。 

 

【災害時のトイレ対策に関する参考資料(避難所におけるトイレ対策など)】

配布資料 ~イツモ防災講座~【地域での防災講座などに活用】

 地域や職場、学校での防災講座や勉強会などに活用できる資料です。下記テーマごと、詳しい情報を知ることができます。

家具転倒防止

 災害時の連絡

 3日分以上の食料備蓄

( サバイバルキッチン)

 災害時のトイレ

(サバイバルトイレ)

kagugazo

(PDF:730KB)

renrakugazo

(PDF:739KB)

kitchengazo

(PDF:1,719KB)

toiletgazo

(PDF:630KB)

 4ページ(両面2枚)

 2ページ(両面1枚)

2ページ(両面1枚) 

2ページ(両面1枚) 

 

その他の教材など【家庭・地域・学校などで活用】

紙食器づくり

kamisyokkikatuyou3

kamisyokkikatuyou1

(写真提供:朝霞市立朝霞第三小学校)

kamisyokkikatuyou2

(写真提供:朝霞市立朝霞第三小学校)

ボスター [地域の掲示板などに活用]

以下の “キャッチコピー” ごとにポスターを作成しました。防災を呼びかけるきっかけにするなど御活用ください。

イツモ防災講座

日頃から家庭でできる備えをわかりやすい資料を使いながら丁寧に説明し、具体的な取組方法を知ることができる講座を開催しています。

【内容】

(1) 首都直下地震の基礎知識 /(2) 防災対策の考えかた /(3) 命を守るための家具転倒防止対策 /
(4) 最新防災グッズの基礎知識 /(5) 災害時の連絡 /(6) サバイバルキッチン /(7) 災害時のトイレ

【開催場所】

ico_kobaton001_1 県内市町村(市役所、町・村役場、消防本部)

 県内市町村防災担当課において、「イツモ防災」のわかりやすい資料を使いながら、住民向け防災講座を実施しています。

市町村名 講座名 講座内容 担当課/連絡先
本庄市

自主防災組織の防災研修等において、家庭での備えなど時間に応じて説明。

本庄市危機管理課

電話:0495-25-1184

東松山市 きらめき出前講座「災害に備えて」

家庭内備蓄、家具の転倒防止など

※原則、10名以上の自治会・小中学校などの
集まりとさせていただきます(応相談)

東松山市秘書室危機管理課

電話:0493-23-2221(内線618、619)

メールアドレス:

KIKIKANRIKA@city.higashimatsuyama.lg.jp

狭山市 狭山市イツモ防災講座

家庭での備え、家具固定等を狭山市における地震の話を交えながら実施。

 

狭山市防災課

電話:04-2953-1111(内3694/3695)    

メールアト゛レス:bosai@city.sayama.lg.jp

羽生市 出前講座 家庭での備え

羽生市地域振興課

電話:048-561-1121

鴻巣市 鴻巣市イツモ防災講座 地震の基礎知識、家具転倒防止策、最新防災グッズ紹介等

鴻巣市危機管理課

電話:048-541-1321

メールアト゛レス:

kikikanri@city.kounosu.saiitama.jp

上尾市 あげお市政出前講座 防災の備え

上尾市危機管理防災課

電話:048-775-5140

メールアト゛レス:

a0380533@city.ageo.lg.jp

越谷市 越谷市イツモ防災講座

家庭での備え

※原則として越谷市に在住、在勤、在学の10人以上のグループを対象/開催日時は原則平日9時~17時。休日は要相談。/会場手配は申請者負担/日程調整の可能性あり

越谷市危機管理課

電話:048-963-9285

蕨市 災害に備えよう!ー平常時の備えと緊急時の対応ー

蕨市の災害対策を説明するとともに、災害に備えて家庭や地域で出来ることと発災時の対応などについて

※蕨市内在住、在学、在勤の10名以上のグループを対象/開催日時は平日9時~17時。

蕨市安心安全推進課

電話:048-433-7755

メールアト゛レス:

jiti@city.warabi.saitama.jp

入間市

入間市内団体のご相談に応じて、講師を派遣。

入間市防災防犯課

電話:04-2964-1111(内線2152)

和光市 和光市政学習おとどけ講座「コミュニティと防災」

コミュニティと防災

※和光市内に在住・在勤・在学する、原則として5名以上の団体・グループを対象

和光市危機管理室

電話:048-424-9097

メールアト゛レス:b0200@city.wako.lg.jp

蓮田市 蓮田市イツモ防災講座 家庭での備え

蓮田市消防署

電話:048-768-0119

メールアト゛レス:

shoboka@city.hasuda.saitama.jp

坂戸市 坂戸市イツモ防災講座 家庭での備え

坂戸市防災安全課

電話:049-283-1331(内線219)

鶴ヶ島市 鶴ヶ島市イツモ防災講座 平成28年2月21日(日曜日)午前10時から正午まで、市内自主防災組織等を対象として、『鶴ヶ島市イツモ防災講座』(定員160人)を行います。

鶴ヶ島市安心安全推進課

電話:049-271-1111(内線372)

吉川市 災害に強いまちづくり いまからできる防災・減災対策を紹介

吉川市市民安全課

電話:048-982-9471

メールアドレス:

shiminanzen2@city.yoshikawa.saitama.jp

毛呂山町 毛呂山町イツモ防災講座

毛呂山町の被害想定を含めた首都直下地震の基礎知識、家具転倒防止、災害時の連絡、水・食料の備蓄 など

※自主防災組織や自治会などを対象

毛呂山町総務課

電話:049-295-2112(内線311/313)

メールアト゛レス:

soumu@town.moroyama.lg.jp

宮代町 宮代町防災出前講座

地震対策の基礎知識、家具の転倒防止法等

※原則、10名以上の町会、自主防災組織などの集まりを対象

宮代町町民生活課

電話:0480-34-1111(内線277)

メールアト゛レス:

anshin@town.miyashiro.saitama.jp

松伏町 松伏町生涯学習出前講座

家庭での備えなど、防災知識講座

松伏町総務課

電話:048-991-1895

メールアドレス:

soumu1010200@town.matsubushi.lg.jp

児玉郡市広域消防本部

 ―

児玉郡市内の団体に対し相談に応じて説明

児玉郡市広域消防本部 総務課

電話:0495-24-0119

 

ico_kobaton001_1 埼玉県防災学習センター(埼玉県鴻巣市袋30/電話048-549-2313)

「首都直下型地震の基礎知識」+4つのメニューで構成します。(1メニュー30分程度)
    (1)「首都直下型地震の基礎知識」+「家具の転倒防止対策」
    (2)「首都直下型地震の基礎知識」+「災害時の連絡手段」
    (3)「首都直下型地震の基礎知識」+「食料の備蓄」
    (4)「首都直下型地震の基礎知識」+「防災グッズ」(災害時のトイレ含む)

※申込方法:基本的には団体予約の際に、体験学習(「地震体験」「煙体験」「消火体験」「暴風雨体験」)と合わせて、上記 (1)~(4)のメニューの中から選ぶことができます。団体予約は、事前に電話にて(048-549-2313)ご予約ください。


new1 平成28年8月11日(木曜日・祝日)に「イザ!カエルキャラバン!in 埼玉」を開催します。                                    

開催場所:埼玉県防災学習センター(鴻巣市袋30)            

開催日時:平成28年8月11日(木曜日・祝日) 13時~15時30分

防災体験プログラム : (1)水消火器で的当てゲーム/(2)ジャッキアップゲーム/(3)毛布で担架タイムトライアル/(4)紙食器づくり/(5)防災カードゲーム「なまずの学校」/(6)家具転倒防止ワークショップ など

※家にある使わなくなったおもちゃを「カエルポイント」に換えて、ポイントで会場のおもちゃと交換できます。防災体験プログラムに参加して、「カエルポイント」を集めることもできます。   

             詳しくは、チラシを見てください。   

            hp0811kaerutirasi(PDF:2,298KB)            

 


 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理防災部 危機管理課 震災予防・復興支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 危機管理防災センター2階

電話:048-830-8141

ファックス:048-830-8129

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?