Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 防犯・交通安全 > 交通安全 > 交通安全対策 > 飲酒運転を根絶しましょう > 飲酒運転は絶対に「しない・させない・ゆるさない」 お酒を提供した人や同乗した人なども罰せられます

ここから本文です。

 

掲載日:2017年9月28日

飲酒運転は絶対に「しない・させない・ゆるさない」 お酒を提供した人や同乗した人なども罰せられます

飲酒運転は、悲惨な重大交通事故を引き起こす可能性が高い悪質な犯罪です。

飲酒運転は、事故を起こした本人とその相手だけではなく、家族や友人、職場や取引先など、当事者と関係のある人たちの運命さえも変えてしまいます。

自分は飲酒運転しないから大丈夫と安心しないでください。

県民すべての皆さんが、飲酒運転の悪質性・危険性を認識し、お酒を飲んだら運転しないことはもちろん、お酒を飲んだ人に車を提供すること、運転する人にお酒を提供すること、飲酒運転の車に同乗することは絶対にしないでください。

飲酒運転の罪の重さを認識し、一人一人が飲酒運転の根絶に向けて意識的に行動しましょう。

目次

飲酒運転等に対する罰則と行政処分

目次に戻る

車両を運転した者

酒酔い運転をした場合(※アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態)

【罰則】

5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

【行政処分】

基礎点数35点 免許取消し 欠格期間3年

※欠格期間とは、運転免許が取り消された場合に、運転免許を受けることができない期間

酒気帯び運転をした場合

【罰則】

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

【行政処分】

呼気1リットル中のアルコール濃度によって次のとおり

  • 0.25ミリグラム以上 基礎点数25点 免許取消し 欠格期間2年
  • 0.15ミリグラム以上0.25ミリグラム未満 基礎点数13点 免許停止90日(人身事故を伴うと免許取消し)

「飲酒運転に対する罰則と行政処分」に戻る

車両を提供した者

運転者が酒酔い運転をした場合

【罰則】

5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

運転者が酒気帯び運転をした場合

【罰則】

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

「飲酒運転に対する罰則と行政処分」に戻る

酒類を提供した者

運転者が酒酔い運転をした場合

【罰則】

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

運転者が酒気帯び運転をした場合

【罰則】

2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

「飲酒運転に対する罰則と行政処分」に戻る

同乗した者

運転者が酒酔い運転をした場合

【罰則】

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

運転者が酒気帯び運転をした場合

【罰則】

2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

「飲酒運転に対する罰則と行政処分」に戻る

危険運転致死傷罪

アルコールなどの影響により、正常な運転が困難な状態で二輪車以上の自動車の走行による人の死傷

人を死亡させた場合

【刑】
最長20年の懲役

【行政処分】

基礎点数62点 免許取消し 欠格期間8年

人を負傷させた場合

【刑】

15年以下の懲役

【行政処分】

基礎点数45点以上(治療期間等により異なる) 免許取消し 欠格期間5年~7年

「飲酒運転に対する罰則と行政処分」に戻る

危険運転致死傷ほう助罪

危険運転致死傷をほう助した者

(例)飲酒運転を了解・黙認して同乗した結果、運転者が危険運転致死傷罪を犯した場合の同乗者

【刑】

正犯(危険運転致死傷罪)の刑を減軽したもの

「飲酒運転に対する罰則と行政処分」に戻る

飲酒検知拒否

【罰則】

3か月以下の懲役又は50万円以下の罰金

「飲酒運転に対する罰則と行政処分」に戻る

免許証提示義務違反

【罰則】

5万円以下の罰金

「飲酒運転に対する罰則と行政処分」に戻る

目次に戻る

飲酒運転はこんなに危険!

  • 飲酒運転の死亡事故率は、飲酒をしていない場合の約8.4倍
  • 酒酔い運転に至っては、約17.0倍

と極めて高く、飲酒運転による交通事故が死亡事故につながる危険性が高いことが分かります。

※数値は警察庁ホームページより(平成28年中の数値)

目次に戻る

お酒の運転への影響

お酒にはアルコールが含まれていますが、このアルコールには麻痺(マヒ)作用があり、脳の働きを麻痺させます。

そのため、安全な運転に必要な情報処理能力、注意力、判断力が低下してしまいます。

これらが低下している状態で運転すると、気が大きくなってスピードを出し過ぎたり、車間距離が近くなったり、ブレーキを踏むのが遅れたりして、その結果、重大事故に直結することになります。

お酒が弱い人だけでなく、強い人でも低濃度のアルコールで運転操作に影響がでます。

お酒を少しでも飲んだ場合は、酔いの自覚症状がなくても「飲んだら乗らない」を徹底してください。

目次に戻る

二日酔いも飲酒運転

飲んだ翌日は、身体の中にアルコールが残っていることがあります。

その状態で運転すれば、それは飲酒運転です。

前日のお酒が抜けきらないまま運転したために事故を起こしたというケースが少なくありません。

運転する前日のお酒は控えめに!深酒した翌日は運転厳禁!!

目次に戻る

飲酒運転根絶スローガン

飲酒運転は絶対に「しない・させない・ゆるさない」

家庭・職場・飲食店などで、このスローガンを合言葉に一人一人が積極的に飲酒運転の根絶に取り組んでください。

目次に戻る

県の飲酒運転根絶への取組

「参加・体験・実践型」の出前講座などを実施しています。

以下から御覧ください。

飲酒運転根絶及び飲酒による路上寝込みゼロ県民運動2017

お問い合わせ

県民生活部 防犯・交通安全課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

電話:048-830-2955

ファックス:048-830-4757

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?