Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > まちづくり > 交通 > 鉄道 > 秩父鉄道の活性化支援

ここから本文です。

 

掲載日:2017年6月1日

秩父鉄道の活性化支援

県内を走る地域鉄道である秩父鉄道は、羽生駅(羽生市)~三峰口駅(秩父市)間、71.7kmの運行を行っています(他に貨物専用線あり)。

秩父鉄道は以下の点で重要な役割を果たしています。

  • (1)他の多くの路線と接続し、鉄道ネットワークの充実に寄与していること。
  • (2)通勤通学を始め、沿線住民の日常の交通手段として使われていること。
  • (3)沿線に県内有数の観光スポットが多く、観光振興に欠かせない路線であること。

埼玉県では、秩父鉄道の設備整備や利用促進の取組を支援しています。

秩父鉄道路線概要図

※秩父鉄道ホームページから引用

鉄道安全輸送設備整備費補助

埼玉県では、秩父鉄道の安全性向上のための設備整備(車両の更新やレールの整備等)を対象に、国や沿線市町と協調して補助を行っています。

平成28年度までの補助実績(ワード:54KB)

 好評運行中「ちちてつサイクルトレイン」

「サイクルトレイン」とは、折りたたみや分解などすることなく、自転車を鉄道車両にそのまま持ち込むことができるサービスです。自転車と鉄道を組み合わせることで、双方がより便利に使いやすくなり、利用の幅が広がります。

秩父鉄道では、埼玉県の提案を受けて、「ちちてつサイクルトレイン」という名称で、特別なイベント列車ではなく、定期運行の列車で「サイクルトレイン」を実施しています。

県では、「サイクルトレイン」の実施によって、人にも環境にもやさしいまちづくりや県民の健康促進、さらには広域周遊などの観光振興の実現を目指しています。 

ちちてつサイクルトレイン実施イメージ

1事前申込・特別料金不要

  • 事前申込は不要です。
  • 普通乗車券、定期券又は回数券をお持ちであれば、特別な料金は必要ありません。
  • 普段利用している自転車や、レンタルした自転車などを持ち込んで乗車することができ、下車駅からそのまま自転車に乗って、気軽に買い物や、観光、レクリエーションなどができます。

2昼間の定期列車、波久礼駅~三峰口駅間で利用可能

  • 昼間に運行しているほとんどの列車で利用可能です
  • 平日は、「波久礼駅~三峰口駅」の区間で、土・休日は、「御花畑駅~三峰口駅」の区間で利用可能です。

※一部利用できない列車や利用できない駅があります。詳細は、秩父鉄道のWebページでご確認ください。

利用区間

3詳しくは

「ちちてつサイクルトレイン」の詳しい情報については、秩父鉄道(株)のホームページをご覧下さい。
秩父鉄道(株)ホームページ内「ちちてつサイクルトレイン」紹介ページ(新しいウィンドウが開きます)

関連する情報:ぐるっと埼玉サイクルネットワーク構想

ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ

企画財政部 交通政策課 鉄道担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

電話:048-830-2228

ファックス:048-830-4742

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?