トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2021年度 > 2021年4月 > 県立自然の博物館 企画展「新収集品展」を開催しています。

ページ番号:196531

発表日:2021年4月9日11時

ここから本文です。

県政ニュース

県立自然の博物館 企画展「新収集品展」を開催しています。

部局名:教育局
課所名:自然の博物館
担当名:企画広報担当
担当者名:秋元清二

直通電話番号:0494-66-0407
Email:t660404@pref.saitama.lg.jp

自然の博物館では、6月20日(日曜日)まで、企画展「新収集品展」を開催しています。
当館では、過去5年間に1万点を超える新たな標本を収集しています。これらの標本資料は展示はもとより、調査研究や普及活動に活用されています。
本展示では、新収集品の中から選りすぐりのコレクションを展示し、博物館を資料収集活動の視点から紹介します。

1 概 要

(1)名称

企画展「新収集品展」

(2)開催期間

令和3年3月13日(土曜日)から令和3年6月20日(日曜日)まで

(3)会場

自然の博物館(秩父郡長瀞町長瀞1417-1)

(4)料金

観覧料

大人:200円 学生・生徒:100円

中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(付添1名含む)は無料

(5)交通案内 

電車:秩父鉄道「上長瀞駅」下車 徒歩5分

自動車:関越自動車道「花園IC」から国道140号を秩父方面に約35分

2 展示概要

(1)埼玉県のハエ&カメムシコレクション

県内で30年以上にわたって採集された、数万点に及ぶハエ目とカメムシ目の標本コレクション。埼玉の昆虫相を明らかにする上でも貴重なものです。

(2)秩父鉱山鉱物コレクション

かつて秩父鉱山で働いていた方々から当館が譲り受けた鉱物コレクション。鉱物標本としては一級品がそろっています。

(3)石灰岩地植物コレクション

平成28年度から3か年にわたって行われた「石灰岩地調査」で採集された、埼玉県の石灰岩地の植生を明らかにするためのコレクション。

(4)その他

  県内在住の化石コレクターから譲り受けた化石コレクションや、当館発行の「研究報告」に掲載された論文の証拠標本、

  企画展のために作成されたレプリカ、はく製といった多岐にわたるコレクションを紹介します。

3 問い合わせ先

県立自然の博物館 自然担当 小林 まさ代(展示に関すること)

企画・広報担当 秋元 清二(広報に関すること)

電話:0494-66-0407 ファックス:0494-69-1002

E-mail:t6604042@pref.saitama.lg.jp 

ホームページ:https://shizen.spec.ed.jp/(または、「自然の博物館」で検索)

公式Twitter:https://twitter.com/saitama_shizen

報道発表資料(ダウンロードファイル)

 県立自然の博物館 企画展「新収集品展」を開催しています。(PDF:230KB)

 企画展チラシデータ(PDF:1,466KB)

県政ニュースのトップに戻る