トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2021年度 > 2021年8月 > 第53回埼玉文芸賞の作品募集について ~思いを言葉に!作品を文芸賞に!~

ページ番号:203849

発表日:2021年8月31日11時

ここから本文です。

県政ニュース

第53回埼玉文芸賞の作品募集について ~思いを言葉に!作品を文芸賞に!~

部局名:教育局
課所名:文化資源課
担当名:さいたま文学館駐在
担当者名:松本

直通電話番号:048-789-1515
Email:info@okegawa-culpro.jp

県教育委員会では、昭和44年から小説や詩など7部門における優れた作品を埼玉文芸賞として顕彰しています。このたび、第53回埼玉文芸賞の作品について、次のとおり募集することといたしました。さらに、今回も、高校生等(令和3年度末で満18才以下の方)向けの奨励賞を設けるなど、若者世代の作品も募集しています。

なお、受賞作品は、令和4年6月刊行予定の「文芸埼玉」第107号に掲載します。

1 募集内容

(1)募集対象作品

対象となる作品

令和2年12月1日から令和3年11月30日までの間に創作された作品

又は、同期間内に新聞・雑誌等に発表又は単行本として刊行された作品

部門・応募基準

下記の基準数(編・首・句及び枚数)で1作品とし、1部門につき1人1作品応募することができます。

ア.小説・戯曲(シナリオを含む) 1編(30~100枚)

イ.文芸評論・伝記・エッセイ 1編(30~100枚:エッセイは10~30枚)

ウ.児童文学(小説・童話) 1編(5~100枚)

    児童文学(詩) 10編

エ.詩 10編

オ.短歌 50首

カ.俳句 50句

キ.川柳 50句

※ア~ウの枚数は、400字詰原稿用紙換算です。

(2)応募資格

県内在住又は在勤、在学の方(ただし、平成18年4月1日以前に生まれた方)

(3)応募方法

詳細については「第53回埼玉文芸賞 応募要領」を御覧ください。

  • 作品1点につき、応募要領に付された応募票を1枚同封してください。
  • 応募期間は、令和3年9月1日(水曜日)から令和3年11月30日(火曜日)まで(当日消印有効)です。

※応募要領は、最寄りの図書館、公民館等で入手できます。

又は、84円切手を貼った返信用封筒を同封し下記へ請求していただくか、

さいたま文学館ホームページからもダウンロードできます。

【請求先】

〒363-0022 桶川市若宮1-5-9

さいたま文学館「埼玉文芸賞」係

【さいたま文学館ホームページ】

http://www.saitama-bungakukan.org/

2 選考

7部門各3名の選考委員により部門毎に選考を行い、入選作品を決定します。

なお、選考についてのお問い合わせには応じられません。

3 発表・賞

(1)入選者には、令和4年3月上旬に結果を通知いたします。

(2)各部門ごと1名に、埼玉文芸賞(賞状、記念品及び副賞20万円)を贈呈します。該当者がいない部門については、準賞(賞状、記念品及び副賞10万円)を贈呈します。また、高校生等(令和3年度末で満18歳以下の方)の作品について、奨励賞(賞状及び図書カード)を贈呈することがあります。

4 問い合わせ先

文化資源課文学担当(さいたま文学館駐在) 埼玉文芸賞担当

〒363-0022 埼玉県桶川市若宮1-5-9

電話 048-789-1515

FAX 048-789-1517

E-mail info@okegawa-culpro.jp

報道発表資料(ダウンロードファイル)

県政ニュースのトップに戻る