ページ番号:123315

掲載日:2022年8月8日

ここから本文です。

国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)

 本県との連携について  

 平成27年度から長期研修生を派遣し、 科学の甲子園全国大会埼玉県開催等で連携をしています。

   「科学の甲子園全国大会の埼玉県開催決定について」

     http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170203-2/index.html

 連携先での主な活動内容

 ●「科学の甲子園」及び「科学の甲子園ジュニア」教科分科会の運営・作問コーディネーター

 活動の様子

 ●第9回科学の甲子園ジュニア全国大会 

 ※新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、兵庫県姫路市での集合開催ではなく、各都道府県の代表チームが各都道府県の会場に集合して実施する分散開催とし、筆記競技のみ行われました。また競技は筆記競技のみとなりましたが、実技競技の体験を目的とした体験実技の課題も提供しました。

日程:令和3年12月3日(金曜日)※筆記競技のみ

会場:各都道府県教育委員会が確保した会場

 科学の甲子園Jr

全国から合計24,070人の中学生がエントリー

 

  ●  第11回科学の甲子園全国大会https://koushien.jst.go.jp/koushien/) 

 ※新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、茨城県つくば市での集合開催ではなく、各都道府県の代表チームが各都道府県の会場に集合して実施する分散開催とし、筆記競技のみ行われました。また競技は筆記競技のみとなりましたが、実技競技の体験を目的とした体験実技の課題も提供しました。

 日程:令和4年3月19日(土曜日)※筆記競技のみ

 会場:各都道府県教育委員会が確保した会場

 

科学の甲子園

科学の甲子園大会の様子

 全国から総計666校、7,725人の高校生がエントリー

 

その他

 科学技術振興機構(JST)は、科学技術の振興と社会的課題の解決のため、国内外の大学・研究機関・産業界等と連携した以下の多様な事業を総合的に実施しており、社会の持続的な発展と科学技術・イノベーションの創出に貢献していきます。

(1)社会変革に資する研究開発戦略の立案と社会との共創

(2)社会変革に資する研究開発による新たな価値創造の推進

(3)新たな価値創造の源泉となる研究開発の推進

(4)多様な人材の支援・育成

(5)科学技術・イノベーション基盤の強化

(6)大学ファンドによる世界レベルの研究基盤の構築

お問い合わせ

教育局 高校教育指導課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎4階

ファックス:048-830-4959

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?