ページ番号:171605

掲載日:2020年3月25日

ここから本文です。

埼玉県企業局水道関係技術開発共同調査について

埼玉県企業局水道関係技術開発共同調査について

玉県企業局では、技術的課題の解決に向けて、企業局以外の者と共同で調査、研究又は開発を行う「共同調査」に関する実施要領等を定めています。

 

玉県水道用水供給事業(県営水道)において共同調査を実施する場合は、このページで共同調査の概要等についてお知らせします。

共同調査参画希望者の募集について

 在、実施(募集)中の共同調査は以下のとおりです。

共同調査の名称(調査課題):AI等先進技術を活用した変動供給制度の確立

【背景及び現状の課題等】

後、人口減少に伴い水需要が減少し、水道の施設能力の余裕量(予備力)が大きくなる見込みです。

このため、水道施設の有効活用と、県全体での施設の最適化(ダウンサイジング)が課題となります。

の課題の解決には、現在、市町等水道事業に対して定量で水道用水を供給している県営水道の供給体制を、できる限り柔軟な変動供給に変更することが有効といえます。

このため、新たな送水施設の整備は極力行わず、県営水道の既存施設の運用方法等の変更や県営水道と水道事業との連携強化を図ることにより、できる限り柔軟な変動供給の実現を目指す必要があります。

【共同調査の目的】

AI等先進技術を活用して、日々変化する気象予測等を活用した水需要予測(日~週単位)と予測に基づいた供給量調整パターンを高い精度で作成する手法を構築するとともに、この手法の適用を踏まえて、水道施設のダウンサイジング等が効果的に実現できる最適な変動供給手法の構築を目指すものです。

【共同調査参画者】

株式会社日立製作所北関東支店

【共同調査期間】

和2年3月23日から令和4年3月31日まで

 

お問い合わせ

企業局 水道企画課 企画・経営担当

郵便番号330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目14番21号 職員会館4階

ファックス:048-834-5071 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?