トップページ > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 訪問系介護サービスの利用者が濃厚接触者等となった場合の対応

ページ番号:224564

掲載日:2022年10月26日

ここから本文です。

訪問系介護サービスの利用者が濃厚接触者等となった場合の対応について

訪問系介護サービスの利用者が濃厚接触者等となった場合の対応

訪問系介護サービスの利用者が新型コロナウイルス感染症の感染者又は濃厚接触者(以下「濃厚接触者等」という。)となった場合は、厚生労働省の通知に基づき、居宅介護支援事業所が訪問介護等の必要性を再度検討し、その結果、必要性が認められる場合には、感染対策を徹底した上でサービスを提供することとされています。
つきましては、訪問系介護サービスの利用者が濃厚接触者等となった場合には、以下の通知を御参照の上、適切に御対応くださいますよう改めてお願い申し上げます。

「訪問系介護サービスの利用者が濃厚接触者等となった場合の対応について」(PDF:85KB)(埼玉県高齢者福祉課長通知)
 別紙「訪問系介護サービスの利用者が濃厚接触者となった場合の対応について」(PDF:347KB)

「社会福祉施設等における感染拡大防止のための留意点について(その2)」(PDF:2,772KB)(厚生労働省老健局高齢者支援課ほか連名事務連絡)

感染対策のかかり増し経費の補助制度

介護サービス事業所等の新型コロナウイルスの感染等による緊急時のサービス提供に必要な介護人材を確保し、職場環境の復旧・改善を支援することを目的とし、通常の介護サービスの提供では想定されないかかり増し経費を予算の範囲内において補助金を交付しています。

令和4年度新型コロナウイルス感染症流行下における介護サービス事業所等のサービス提供体制確保事業補助金
  
(感染症に対応した施設・事業所向け)

 

ケアラー(家族介護者等)が新型コロナウイルスに感染して入院等した場合の要介護者支援施設(ショートシティ)

ケアラー(家族介護者等)が新型コロナウイルスに感染して入院等した場合に、高齢の要介護者(要支援者)が安心して生活できる場所を確保するための受入施設(ショートステイ)を県内の特別養護老人ホームに設置しています。

一般社団法人埼玉県老人福祉施設協議会などの協力のもと、周辺施設から応援職員の派遣を受けて要介護者のケアに当たります。詳しくはこちらを御覧ください。

 

 

 

 

お問い合わせ

福祉部 高齢者福祉課 施設・事業者指導担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-830-4781

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?