トップページ > 文化・教育 > 国際 > 国際文化交流 > 埼玉県・オハイオ州グローバルスピーカープログラム(令和3年度~)

ページ番号:195361

掲載日:2021年6月18日

ここから本文です。

【前期募集は終了しました】埼玉県・オハイオ州グローバルスピーカープログラム(オンライン)※後期募集は令和3年8月開始予定

埼玉県では、姉妹州である米国オハイオ州との姉妹提携30周年を記念して、新たにオンラインを活用したプログラムを開講します。

 オハイオ州のフィンドレー大学とリアルタイムで結び、「英語で発信する力」を日本にいながら身に着けることを目指した参加型オンラインプログラムです(語学習得のみを目的としたプログラムではありません)。

 参加者には、フィンドレー大学生やフィンドレー市長等とのオンラインでの交流機会が用意されています。また、プログラムの受講はフィンドレー大学の正式な授業として単位認定されます。

 埼玉県代表として参加し、受講の成果を本県のために生かす意欲のある方を募集します!

OSGSプログラム関するQ&A(令和3年4月30日現在)

 本プログラムに関して募集開始から多くのご質問をいただいております。誠にありがとうございます。ここでは特に多く寄せられたご質問とそれらに対する回答をご紹介します。是非申込時の参考にしてください。

【第2回】オンライン説明会:6月2日(水曜日)19時30分 ※ご好評につき終了しました

 埼玉県・オハイオ州グローバルスピーカープログラムへの参加を検討している方向けに、オンライン説明会を開催します。

 県国際課職員がプログラム概要を説明するほか、受講先のフィンドレー大学から教員や学生が参加して皆様の御質問にやさしくお答えします!

 「どんなプログラムなんだろう?」「どのくらいの英語レベルが必要?」「他のオンライン留学との違いは?」など、プログラムの内容や雰囲気、英語レベルを知りたい方は、この機会にぜひ御参加ください。英語で話してみようミニトークコーナーもあります!<参加費無料>

 

日時

令和3年6月2日(水曜日)19時30分~20時15分

実施方法

オンライン(Zoom)※途中の入退出可

使用言語

日本語、英語 ※英語部分の通訳はありません

内容

  • プログラム概要の紹介
  • 質疑応答
  • 英語で話してみようミニトーク 等 【合計45分】

 ※当日の流れは追ってメールでご案内します。

申込方法

電子メールにて、以下のとおりお申込みください。 ←定員に達したため、受付を終了しました。

 ※お申し込み後に上記アドレスから、受付を確定するためのメールをお送りしますのでご確認ください。

申込期限

令和3年6月1日(火曜日)12時  ←定員に達したため、受付を終了しました。

定員

50名(申込順) ←定員に達したため、受付を終了しました。

留意事項

  • 5月11日に実施した第1回説明会に参加された方は、第2回説明会へのお申込みはご遠慮ください。
  • 現在受付中の第2回説明会が、OSGS前期プログラム応募締切(6月18日)前に実施する最後の説明会となります。
  • 申込期限より前に定員に達した場合は、その時点で申込を締め切りますのでご了承ください。
【フィンドレー大学からのメッセージ動画】

※動画テキスト版はこちら(PDF:322KB)からご覧いただけます。

1.プログラム名称

 埼玉県・オハイオ州グローバルスピーカープログラム(オンライン)

(略名:OSGSプログラム:Ohio-Saitama Global Speaker Program)

2.受講先(プログラム実施者)

 米国オハイオ州・フィンドレー大学

3.実施期間

前期プログラム ※募集を終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 2021年8月18日(水曜日)~2022年1月上旬 午後8時~9時30分 ←募集を終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 ※概ね隔週で全15回、90分/回(進捗に応じて変更することがあります。)

 ※詳しい実施日時は、別紙「プログラム内容(講義・アクティビティ等)(PDF:192KB)」でご確認ください。

後期プログラム

 後期プログラム(2022年1月~5月実施)は、2021年8月に募集開始予定です。

4.使用言語

 英語 

 ※プログラムはすべて英語で実施され、内容は英語でのディスカッション等が中心となるため、少なくとも英検2級相当以上の英語力が必要です。

5.プログラム内容

【前期プログラム(2021年8月18日(水曜日)~2022年1月上旬)】

  • フィンドレー大学教授による現地授業に準じた講義(9回)←テーマ「日米の新型コロナウイルスへの対応の違い」
  • フィンドレー大学生が案内するキャンパスツアーや学生との交流会(3回)
  • フィンドレー市長や病院・保健所の関係者等とのセッション(2回)
  • 埼玉県内での成果報告会(英語によるプレゼンテーション)(1回)

 

【後期プログラム(2022年1月~5月実施予定)】

  • 現在、企画中です

6.受講料

 無料

7.受講方法

 オンライン ※本プログラムは全てオンラインで行います。

8.プログラムの特徴

フィンドレー大学の単位認定及び修了証の付与・成績証明書の発行

  • 出席確認や修了テスト等を実施し、これらの結果に基づきフィンドレー大学の正式なプログラムとして成績判定及び単位認定が行われます。
  • プログラム修了後、埼玉県・フィンドレー大学から修了証が付与されます。
  • プログラムの成績証明書が必要な場合は、オンラインでフィンドレー大学に発行を依頼することができます(費用自己負担、2021年3月現在6ドル)。

フィンドレー大学生やフィンドレー市長等とのオンラインでの交流機会

  • 現地学生が案内するキャンパスツアーや学生との交流会があります。

  • オハイオ州関係者(フィンドレー市長、病院・保健所の関係者等)とセッションする機会があります。

埼玉親善大使への就任

  • 受講者には埼玉県知事から埼玉親善大使を任命します。
  • 本県を代表して参加していただくほか、プログラム実施前の埼玉親善大使委嘱式、実施後の県内での成果報告会(英語でのプレゼンテーション)への出席及び県主催の国際交流イベント等で活躍する機会があります。

OSGSプログラム参加者を対象としたオハイオ州訪問団への参加

  • 今後、数年に一度、当プログラム参加者を対象としたオハイオ州訪問団の派遣を予定しています(費用は自己負担)。

9.募集人数

 前期プログラム 5名 ※書類・面接選考があります。

10.応募資格

 応募できるのは、応募時点において、以下の(1)~(3)の条件のいずれかを満たす方です。なお、年齢・学歴は問いません

 (1) 埼玉県内に在住の方

 (2) 埼玉県内に在学中の方

 (3) 埼玉県内に在勤の方

11.応募条件

 (1) 当プログラムに最後まで取り組むことができる方 ※途中辞退は原則認められません。

 (2) プログラム受講中は積極的に英語でのディスカッションに参加し、プレゼンテーションを行うことへの意欲が高い方

 (3) 異文化に興味・関心を持っている方

 (4) 埼玉親善大使として県を代表して参加し、当プログラムの参加経験を埼玉県へ還元するため、県内での成果報告会(英語でのプレゼンテーション)の実施に御協力いただける方

 (5) プログラム参加に係る一連の手続き及び受講中の提出物等において、県及びプログラム実施者の定める期限までに提出できる方

12.応募締切日時

 2021年6月18日(金曜日)17時15分【必着】 ※応募方法は募集要項をご確認ください。 ←募集を終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

13.募集要項・応募様式 ※内容をよくご確認の上、お申込みください。

募集要項

応募様式(ダウンロードしてご利用ください。)

 

thirashigazou※募集チラシPDFはこちら(PDF:833KB)からご覧いただけます。

 

お問い合わせ

県民生活部 国際課 国際戦略担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎2階

ファックス:048-830-4748

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?