• トップページ
  • センターの概要
  • 施設の利用
  • 講座・イベント
  • 情報ライブラリー
  • 相談室
  • 活動支援

With You さいたま > 講座・イベント > 講座終了報告 > 平成27年度 > 第14回 With You さいたま フェスティバル

ここから本文です。

 

掲載日:2017年9月7日

第14回 With You さいたま フェスティバル

日時

平成28年2月6日(土曜日)・2月7日(日曜日)

場所 埼玉県男女共同参画推進センター(With You さいたま)
参加者 延べ2102名

内容

 平成28年2月6日と7日の2日間、県内で男女共同参画の視点を持って活動する52団体が、日頃の活動成果を舞台やワークショップ、展示により発表する「With You さいたまフェスティバル」を開催しました。                                                                                   
  女性の活躍、子育て、福祉、環境など、暮らしの身近なテーマについて、講演、報告、劇、映像、展示など様々な形で発表しました。  7日には、日本初のクラウドファンディングを立ち上げた米良はるかさんによる講演会を行いました。 

 参加団体数 52団体(舞台発表16企画、ワークショップ29企画、展示32企画)

2月6日(土曜日)

  • ステージによる舞台発表(セミナー室2)
  • ワークショップ(各セミナー室)
  • 展示・ハンドワーク展(3階・4階交流サロン)

2月7日(日曜日)

  • ステージによる舞台発表(4階オープンスペース)
  • ワークショップ(各セミナー室)
  • 展示・ハンドワーク展(3階・4階交流サロン)
         

グループごとに着席し交流する参加者

交流会

展示発表を見学する参加者

展示会場

女性のための政策セミナーの様子

ワークショップ

セミナー室での発表の様子

舞台発表

 講演会 2月7日(日曜日)15時から16時30分

「人と人をつないで夢をかなえる~クラウドファンディングという手法~」
講師: 米良はるか(READYFOR(株)代表取締役CEO)

 日本初のクラウドファンディングサービスREADYFORを立ち上げた米良はるかさん。 

  設立に至ったきっかけや、クラウドファンディングという仕組みについてわかりやすく、達成したプロジェクトの話などを交えてお話いただきました。 

  このサービスから始まる共感の輪が、形になって社会を変えるアクションになると感じ、夢を実現したい人と夢を支援してくれる人のつながりの場を広げていきたいという熱い思いが伝わりました。 

参加者の声

  • いろんな団体がいろんな活動をされていることを知るよい機会だと思います。(30代女性)
  • センターの重要な機能であるエンパワーメントの場としてこのようなフェスティバルは、大変貴重だと思います。是非継続してください。 (50代女性)
  • 各団体それぞれ活動がすばらしいと感じました。とても大事なイベントだと1人でも多くの方が参加して知ってもらえるといいですね。(40代女性)
  • クラウドファンディングについてもよく理解できました。米良さんの姿勢もしばらしいし、自分でもできるような気持になりました。こうした新しいビジネスが根付くと、社会が元気になりますね。(50代女性)
  • このような活動、仕組みがあることは、知っていたとは言え詳しく知る機会がなかったので勉強になりました。共感者、支援者を得る手段として有効なのだと思います。地域活性のために幅広く使われていくと良いと思います。
  • クラウドファンディングのシステムをとてもわかりやすく知ることができました。夢をかなえる人の応援ができることは素晴らしいことです。応援する人もまだたくさんいるということは、これからの社会がよりよくなっていくことが期待できますね。(60代女性)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民生活部 男女共同参画推進センター 事業・相談担当

郵便番号330-0081 埼玉県さいたま市中央区新都心2‐2 ホテルブリランテ武蔵野3階

ファックス:048-600-3802

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?