• トップページ
  • センターの概要
  • 施設の利用
  • 講座・イベント
  • 情報ライブラリー
  • 相談室
  • 活動支援

With You さいたま > 講座・イベント > 講座終了報告 > 平成27年度 > 女性のための医療セミナー「遺伝って何?」

ここから本文です。

 

掲載日:2018年10月25日

女性のための医療セミナー「遺伝って何?」

日時

平成27年7月10日(金曜日)13時30分から16時

場所 埼玉県男女共同参画推進センター(With You さいたま)
参加者

41名

「遺伝って何?」

  女性のための医療セミナー「遺伝って何?」を平成28年度さいたま新都心に移転してくる埼玉県立小児医療センターと共催で開催しました。

女性のための医療セミナー大橋先生

  Session1では、大橋 博文(おおはし ひろぶみ)遺伝科科長兼部長より、「遺伝をめぐる最近の医療事情」についてお話しいただきました。
  そもそも「遺伝」とは?に始まり、出生前診断や出生前検査の種類、そしてそれらの精度やリスク等について、専門的な内容をわかりやすく解説していただきました。また、DK外来(ダウン症候群総合訓練外来)等、遺伝性疾患等を抱える患者さんに対して寄り添う姿勢の小児医療センターの取組みを聞くことができました。

女性のための医療セミナー張カウンセラー  Session2では、張 香理(チャン・ヒャンリ)認定遺伝カウンセラーより「遺伝カウンセリングとは」とのお話をいただきました。
  まだまだ馴染みの薄い「遺伝カウンセリング」をその歴史に始まり、定義や領域について、身近な例を引きながら、解説いただきました。「遺伝カウンセリング」といっても出生前、小児期、成人期、予期的と、必要とされる時期は多岐にわたるようです。医療の進歩ゆえにますます高くなるであろう必要性に対して、日本では認定遺伝カウンセラーはまだまだ国際的に見ると少ないようです。


   後半では、小児医療センター新病院の概要が紹介されました。さいたま新都心に移転後は、周産期医療や小児救急への対応で新たな医療拠点となる予定です。

  最後にグループ相談が行われ、医師、遺伝カウンセラー、医療ソーシャルワーカーの3つのブースに分かれ、和やかな雰囲気の中ではありますが、熱心な質問が多数寄せられていました。

  今回のセミナーは、30代、40代を中心に、20代から70代まで、セミナーの内容に強い関心を持った皆さんのご参加をいただき、熱心に聞き入る皆さんの姿が印象的でした。

参加者の声

  • とても興味深い内容でした。「遺伝カウンセリング」初めて耳にして、もっと詳しく聞きたいと思いました。小児医療センターも新都心にできるので、頼りになります。(40代女性)
  •  メディアからの情報や個人の産婦人科などからの情報で、ずっと不安でいた先入観が少し明るい方向に変わるきっかけになったことが本当にありがたかったです。ただ、どうしても妊娠の不安・怖さがあります。ダウン症の子が親の原因・親がいけないからだということを間違っていたことが大変驚きでしたし、また一つ先入観がクリアになりました。(30代女性)
  • 「遺伝って何?」まさに何?知っているようでよくわかっていなかった。医療は日々進歩していて、昔とは違い戸惑うこともあります。このような話がもっと身近に聞くことができれば、差別もなくなると思うし、母親が悪いとなることもなくなると感じました。(60代女性)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民生活部 男女共同参画推進センター 事業・相談担当

郵便番号330-0081 埼玉県さいたま市中央区新都心2‐2 ホテルブリランテ武蔵野3階

ファックス:048-600-3802

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?