トップページ > 機器利用 > 機器一覧 > 設計・加工機器 > インクジェット式カラー積層造形装置

 

掲載日:2019年10月1日

ここから本文です。

インクジェット式カラー積層造形装置

機器番号 517
機器分類 設計・加工機器
メーカー名 Stratasys社
型番等 Objet260 Connex3
装置概要 本装置は、3種類のモデル材料をミックスして一度に造形ができる3Dプリンタです。
カラー(シアン、マゼンダ、イエロー、ホワイト)、ゴムライク、透明、PP、耐熱、硬質のモデル材から
3種類をミックスさせ、硬さや透明度、彩度、物性の異なる材料を再現できます。
最終製品により近い試作モデルの製作をすることで、開発プロセスの短縮に貢献します。
主な仕様 造形可能サイズ(X:255mm、Y:252mm、Z:200mm)
研修レベル

1

研修を受講する必要はありません。利用方法の詳細は担当にご相談ください。

使用料(1時間当たり) 2,860円
消耗品 アクリル樹脂(半透明):340円/10g
アクリル樹脂(カラー):470円/10g
アクリル樹脂(透明):560円/10g
PP/ゴムライク樹脂:550円/10g
デジタルABS樹脂:580円/10g
サポーター樹脂:220円/10g
※カラー樹脂(シアン、マゼンダ、イエロー)については樹脂交換にかかる費用の一部をご負担いただきます。
関連資料 インクジェット式積層造形装置 リーフレット(PDF:210KB)
樹脂物性表(PDF:146KB)
備考 公益財団法人JKA補助事業(平成28年度)
装置写真 機器の写真

※指導員の指導を受けて機器を利用する場合は、使用料の他に指導料が1時間あたり2,500円かかります。
※一部の機器は、事前に研修を受ける必要があります。詳しくは、研修の受講方法をご覧ください。
※機器の利用時に必要となる一部の消耗品については、使用量に応じて実費精算できます。詳しくは、消耗品精算をご覧ください。
※造形速度は、従来機(インクジェット式積層造形装置)の約2倍まで可能となります。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?