トップページ > 機器利用 > 機器一覧 > 評価試験機器 > 冷熱衝撃試験機(熊谷)

 

掲載日:2019年10月1日

ここから本文です。

冷熱衝撃試験機(熊谷)

機器番号 180
機器分類 評価試験機器
メーカー名 エスペック株式会社
型番等 TSA-101L-A
装置概要 急冷・急加熱により熱ストレスを与え試料の評価を行う。鉛フリーはんだの接合評価、プリント基板や実装基板の評価、車載機器の耐久試験、樹脂材料や成形品の耐久試験。
主な仕様 炉内寸法:W650×H460×D370
試験温度:-65~0、60~200℃
注)試験記録が必要な場合はメールで送ります。
研修レベル

1

研修を受講する必要はありません。簡単な説明を受ければ利用できます。

使用料(1時間当たり) 440円
備考 財団法人JKA補助事業(平成21年度)
装置写真

冷熱衝撃試験機の写真

※指導員の指導を受けて機器を利用する場合は、使用料の他に指導料が1時間あたり2,500円かかります。
※一部の機器は、事前に研修を受ける必要があります。詳しくは、研修の受講方法をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?