• トップページ
  • 診療のご案内
  • 各部門の紹介
  • センターのご紹介
  • 採用案内

循環器・呼吸器病センター > 診療科及び各部門の紹介 > 循環器内科 > 経皮的冠動脈形成術(Percutaneous Coronary Intervention:PCI)

ここから本文です。

 

掲載日:2019年4月3日

経皮的冠動脈形成術(Percutaneous Coronary Intervention:PCI)

慢性完全閉塞病変

当院は治療困難と考えられている慢性完全閉塞病変 (閉塞してから時間がたった硬い病変)に対するPCIを積極的に行っています。

昨年度のガイドワイヤー通過は93%と高い成功率を確保するとともに合併症は1例も認めていません。

従来からの順行性、逆行性アプローチに加えて昨年11月に埼玉県で唯一、順行性リエントリーデバイス使用の認定を受けました (2019年3月現在 全国で21施設が認定)。

これらの技術を用いて治療成績のさらなる向上を目指しています。

図1.順行性リエントリー用カテーテルおよび穿通用ガイドワイヤー

 

図2.右冠動脈の慢性閉塞病変

 

図3.ガイドワイヤーは血管中央(黒い部分)から画面右側の血管壁にずれた

 

図4.画面左側の血管内腔に向かって先端が細くなった硬いガイドワイヤーで突いた

 

図5.硬いガイドワイヤーで突いた穴に柔らかいガイドワイヤーを通して末梢まで進めた

 

図6.ステント留置、治療後

お問い合わせ

病院局 循環器・呼吸器病センター  

郵便番号360-0197 埼玉県熊谷市板井1696

ファックス:048-536-9920

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?