• トップページ
  • 診療のご案内
  • 各部門の紹介
  • センターのご紹介
  • 採用案内

循環器・呼吸器病センター > 診療科及び各部門の紹介 > 循環器内科 > 経カテーテル的肺動脈拡張術(balloon pulmonary angioplasty:BPA)

ここから本文です。

 

掲載日:2019年4月11日

経カテーテル的肺動脈拡張術(balloon pulmonary angioplasty:BPA)

慢性血栓塞栓性肺高血圧症

慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH:chronic thromboembolic pulmonary hypertension)は血栓が形成(多くは足の静脈で形成)されて、血流にのって肺の血管を詰まらせてしまい(塞栓)、これにより肺の循環が悪くなり、肺循環の圧が上昇してしまう(肺高血圧)病気です。

肺の血圧は、体血圧{通常(収縮期/拡張期) 120/60 mmHg 平均80 mmHg}のだいたい5分の1程度の圧で24/12 mmHg 平均15 mmHg程度ですが、肺の血管が6割以上障害されると上昇してきます。心エコーで推定できる肺動脈収縮期圧45mmHg以上になってくると、だいたい肺高血圧とみなされます。定義上は「平均の肺動脈圧25mmHg以上」が肺高血圧となります。平均の肺動脈圧を重要視する理由は、この圧が最も予後を規定し、圧が高ければ高いほど余命が短くなるためです。

慢性化した血栓は薬では溶かす事が出来ず、固くなり無くなることはありません。以前は有効な治療法がなく、国の定める「指定難病」の一つであり、上記病名で申請して認定されれば公費負担で医療が受けられます。

治療としては(1)薬物治療 (2)カテーテル治療(経カテーテル的肺動脈拡張術(balloon pulmonary angioplasty:BPA)) (3)開胸手術(当院では施行不可能で、手術可能な医療機関と連携をとり施行)が選択肢にあげられます。

近年、カテーテル治療の発展は目覚ましく、当院でも2014年9月より取り組んでいます。2019年までに選択的肺動脈造影125件、CTEPH48例(薬物治療例含む) 133  件のBPAを施行し、高い根治レベルを少ない治療回数(平均3.5 sessions (2~6 sessions)で得る事が出来ています。

 

治療前

治療後

平均肺動脈圧 34.5mmHg(28~58mmHg) 20.4mmHg
収縮期肺動脈圧 61.1mmHg 36.4mmHg
HOT離脱率   70-80%
肺血管拡張薬離脱率   90%~

カテーテル治療後の肺障害は、軽度の血痰や、画像上の無症候の肺野陰影を含めれば60~70%あります。しかし、重度の合併症となることは稀となってきました。ただし、残念ながらカテーテル治療関連死も1例(2~3%)あり、リスクを伴う治療であることも事実です。

 

BPA治療前の右肺の画像写真

肺動脈圧72/19/平均37mmHg
動脈血液ガス分析PaO2 57.4mmHg
6分間歩行距離 160m, 最低SpO2 73%

3回目のBPA治療6か月後の右肺の画像写真

肺動脈圧 29/12/平均19mmHg
動脈血液ガス分析PaO2 77.9mmHg
6分間歩行距離 440m, 最低SpO2 90%

 

このように、この疾患は治療により余命だけでなく、運動機能も著明に改善します。しかも、一度改善して抗凝固薬を適切に継続していれば再発なく、難病の位置づけながら「根治」を目指せる時代となりました。また、2019年1月より肺カテーテル治療の認定も取得し、埼玉県で唯一の認定施設となりました。その責務を全うすべく治療成績の向上に努めており、最善の治療法を選択して参ります。

BPAカテ―テル治療実績

お知らせ

◆日本循環器学会認定 経カテーテル的肺動脈拡張術(balloon pulmonary angioplasty:BPA)指導施設 2019/1月より5年間

◆日本循環器学会認定 BPA実施医: 藤井 真也、永吉 信哉

 

お問い合わせ

病院局 循環器・呼吸器病センター  

郵便番号360-0197 埼玉県熊谷市板井1696

ファックス:048-536-9920

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?