Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 選挙 > 選挙学習 > 開票はこうして行う

ここから本文です。

 

掲載日:2014年12月22日

開票はこうして行う

開票風景

開票の風景は、選挙が終わった後にテレビでよく見かけますね。

では、開票結果が決まるまでの手続きについては知っていますか?

開票の風景は、選挙人だったら直接見ることもできるんですよ。

開票の手順

  1. 各投票所から、投票箱を開票所に集めます。
  2. 開票立会人の立会いのもとで、開票管理者は投票箱を開きます。
  3. すべての投票箱を一斉に開いて、すべての投票を混同します。
  4. 開票管理者は投票を点検し、投票の帰属やその有効・無効を判定します。
    この時、開票立会人の意見も聴きます。
  5. 開票作業が終了すると、候補者別の得票数が決定されます。

当選人は、開票結果に基づき得票数の多い順に決められるのですが、一定の得票数に達しないと当選人にはなれません。

また、得票数が全く同じになってしまった時は、くじで当選人を決めたり(あまりこういうケースはないのですけれど)と、当選人を決めるまでのみちのりは長いのです。

それから、テレビやラジオなどの当確情報は、選挙管理委員会で出しているものではなく、テレビ局などが独自に行っているものです。

お問い合わせ

選挙管理委員会 選挙管理委員会  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎3階

電話:048-830-2695

ファックス:048-830-4740

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?