Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2019年2月28日

芝川第一調節池整備に係る大学生検討会を開催しました

芝川第一調節池について

 さいたま県土整備事務所で整備中の芝川第一調節池は計画調節容量284万トンの洪水調節のための河川施設です。

 平成23年に左岸池(200万トン)が供用し、引き続き右岸池(84万トン)の整備を行っています。

 広さは左岸63ha、右岸29haの合計約92haの敷地面積があり、東京ドーム約20個分の広大な緑地空間を形成しています。

芝川第一調節池

芝川第一調節池の整備方針

「見沼の自然を子供たちへ」

 芝川第一調節池の整備にあたっては平成11年に「芝川第1調節池場内整備計画検討委員会」により整備方針や施設整備計画が検討されました。その中で3つの基本理念を定め、具体的な整備の指針としています。

   ・住民にとって安全な河川整備を行い

   ・緑豊かな見沼田圃の自然と調和し

   ・多くの人々が憩い集う空間づくり

 左岸池の整備にあたってはこれらの基本理念を踏襲し、見沼田圃の情景(見沼溜井)や自然環境の復元に取り組んできました。現在では、約120種類の動植物が確認されており、生態系が豊かになりつつあります。

芝川第一調節池整備に係る大学生検討会

 芝川第一調節池の今後の整備にあたり、現時点(2018年時点)における芝川第一調節池やその周辺地域の持つ魅力を再発掘し、今後の整備の参考とするため大学生を主体とした検討会を実施しました。

参加大学(五十音順)

 跡見学園女子大学

   観光コミュニティ学部 観光デザイン学科 6名(※3年生5名、4年生1名)

 芝浦工業大学

   システム理工学部 環境システム学科 2名(※3年生2名)

 東洋大学

   理工学部 都市環境デザイン学科 4名(※4年生2名、修士2名)

時      期

 第1回:現地調査(フィールドワーク)※2回実施

 第2回:関係者講義・意見交換

 第3回:成果物発表・意見交換

成果概要

 今回検討会の成果として、大学別に周辺の散策マップを作成していただきました。

 芝川第一調節池大学生検討会概要(PDF:9,911KB)

 芝川第一調節池の環境管理について

  芝川第一調節池の整備にあたっては、計画時から地元関係者による環境検討会を設置し環境整備に関する意見交換を行ってきました。

 現在でも芝川第一調節池環境管理パートナーズとして環境整備やボランティア活動を行っています。

 芝川第一調節池環境管理パートナーズブログ(外部サイトへリンクします)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県土整備部 さいたま県土整備事務所 芝川改修事業担当

郵便番号336-0027 埼玉県さいたま市南区沼影二丁目4番7号 埼玉県さいたま県土整備事務所

ファックス:048-866-9713

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?