Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2014年12月18日

汗による衣服の変色

事例1

茶色のスーツをクリーニングに出したところ、背中、えり、腿や膝裏の色が抜けて黄色っぽくなっていた。その場で苦情を言ったが、業者の説明に納得できない。

写真:色あせしたズボン

ズボン:膝裏の色抜け

事例2

ワンピースをドライクリーニングに出したところ、腋の下のあたりが変色して戻ってきた。また、ラメのキラキラ感も失われている。クリーニング店に苦情を言うと、預かった時からシミがあったという。クリーニングに出す前日に着用しただけなので、クリーニングの処理に問題があるのではないか。

写真:脇下にシミがついている服

ワンピース;腋下のシミ

両事例とも、当センターで商品テストを行った結果、「汗」による変色と推測されました。夏物衣料に多い事例ですが、中には秋冬物でも発生します。これから、夏物衣料をクリーニングに出す時期ですので、以下を参考にしてトラブルを防ぎましょう。

消費者へのアドバイス

1.汗の成分は洗濯(水洗い)では落ちますが、ドライクリーニングではほとんど除去できません

  • クリーニングに出す時は、「汗を除去したい」旨を伝え、効果のある処理(「汗抜き」「本洗い」など店により呼び方が違う)を依頼する。
  • 夏物衣料はできるだけ水洗いができるものを選ぶ。
  • 水洗いできない衣料品の場合、インナーを工夫するなどの方法で汗の付着を少なくする。

2.汗や飲食物等の付着は時間が経過するにつれ、衣類が変退色する可能性が高くなる

  • 汗や飲食物等が付着したら、なるべく早くクリーニングに出す。
  • 汗は時間が経過すると、シミのように見えるため、しみ抜きを依頼する場合、何のシミかをクリーニング店に申し出る。

3.クリーニングに出す時と引き取る時には、店と消費者がお互いに品物の状態確認をする

  • 時間がないからといって、出したものの数だけを確認するのはトラブルのもとになる。
  • クリーニングに出す時に、既に変色している場合もある。
  • クリーニングから引き取る時、汚れの落ち具合や、預けた品物かどうかをよく確認する。

原稿詳細(ワード:15KB)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?