Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 住宅 > 住まいづくり > 高齢者向け > サービス付き高齢者向け住宅に係る国の補助制度について

ここから本文です。

 

掲載日:2017年6月12日

サービス付き高齢者向け住宅に係る国の補助制度について

 サービス付き高齢者向け住宅の建設・改修費を対象とした国土交通省の補助制度があります。

 詳細はHP又は下記にお問い合わせください。

ホームページ:サービス付き高齢者向け住宅整備事業

問合わせ先   :サービス付き高齢者向け住宅整備事業事務局(整備事業事務局)
                  03-5805-2971

※平成29年度事業に交付申請する場合には、原則として立地市町村の意見書(意見聴取に対する回答)の添付が必要です。

立地市町村の意見書について

 立地市町村の意見書は、国が補助金交付決定を行う際の判断材料になります。なお、意見聴取手続きの要・不要は市町村によって異なります

 詳細は、サービス付き高齢者向け住宅整備事業のHPをご確認ください。

意見聴取手続き等の流れ

国の補助金を申請する場合で、立地市町村の意見聴取が必要とされているとき

(1)事業者は建設予定の市町村等に対し、意見の見通し等について事前確認を行う。

(2)事業者は県に(第1号)サービス付き高齢者向け住宅整備事業に係る市町村意見聴取について(ワード:26KB)及び(第2号)サービス付き高齢者向け住宅整備事業に係る市町村意見聴取申請書(ワード:33KB)を提出する。

(3)県は建設予定の市町村に意見の照会を行う。

(4)照会を受けた市町村は、県に意見について回答する。

(5)県は市町村から受け取った意見書を事業者に、その写しを国に送付する。

(6)事業者は意見書その他の添付書類をそろえた上で、サ高住登録に係る事前協議を県と行う。

※意見聴取手続きと並行して事前協議を開始することも可能ですが、市町村からの回答書がなければ事前協議は完了しません。

国の補助金を申請する場合で、立地市町村の意見聴取が不要とされているとき
又は国に補助金を申請しない場合

 立地市町村の意見聴取手続きは不要ですので、その部分は省略して事前協議手続きを進めてください。

フロー図

様式

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部 住宅課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎1階

電話:048-830-5555

ファックス:048-830-4888

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?