Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年8月3日

平成30年度 貸与候補者 募集概要

【平成30年度の応募受付は締め切りました】

(1)募集期間

平成30年7月3日(火曜日)~平成30年8月3日(金曜日)(午後5時15分必着)

(2)応募資格

次の1から3のすべてに該当する者

  1. 次のいずれかに該当する者
    • ア 貸与の申請の時に本人又は親(未成年後見人である親族を含む。)が埼玉県内に住所を有する者
    • イ 埼玉県内の高等学校(中等教育学校及び特別支援学校の高等部を含む。)を卒業する見込みである者又は卒業した者
    • ウ 埼玉県内の高等専門学校の第3学年の課程を修了する見込みである者又は修了した者
    • エ 学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)第150条第3号の規定により文部科学大臣が指定した埼玉県内の専修学校の高等課程を同号の文部科学大臣が定める日以後に修了する見込みである者又は修了した者
  2. 貸与の申請の時に県外の大学の医学を履修する課程に入学する意思を有する者
  3. 医師免許を得た後、特定地域の公的医療機関又は特定診療科等に医師として勤務する意思を有する者

(3)募集定員

17名(この他に補欠貸与候補者を決定する場合があります。)

(4)募集コース

平成30年度より上記(2)「応募資格」3に沿ったコース別募集を行います。
志望に応じ、下記のいずれかのコースを選択し応募してください。
選考(書類、面接)及び貸与後のキャリアアップ支援等は選択いただいたコースに基づき実施します(貸与候補者及び補欠貸与候補者の決定は2コース共通で行います)。
 

【特定地域の公的医療機関志望コース】
 医師免許を得た後、特定地域の公的医療機関に医師として勤務することを志望する方

【産科・小児科・救命救急センター志望コース】
 医師免許を得た後、特定診療科等に医師として勤務することを志望する方

 (※ 選択いただいたコースは、貸与決定まで変更することはできません。入学後、 適性などにより希望する進路に変更が生じたような場合、面談などを通じてフォローアップを行っていきます。)

(5)貸与金額

入学に必要な費用…100万円以内

月額… 20万円以内

(6)貸与期間

大学卒業までの6年間

(7)返還免除

医師免許を得た後、直ちに奨学金貸与期間の1.5倍の期間、特定地域の公的医療機関に医師として引き続いて勤務(特定地域の公的医療機関以外の埼玉県内の臨床研修病院で臨床研修を受講する場合を含む。)をしたとき又は特定診療科等に医師として勤務したとき。

(8)応募手続

募集期間内に応募書類を下記「(9) 提出先」まで簡易書留による郵送又は持参する。(平日8時30分~17時15分。来所される場合、県立小児医療センター南玄関からお入りください。)

(9)提出先

〒330-8777 さいたま市中央区新都心1-2 埼玉県立小児医療センター8階  埼玉県 保健医療部 医療人材課 医師確保対策担当

※ 埼玉県庁(さいたま市浦和区)ではありませんのでご注意ください。

(10)選考方法

書類選考及び面接選考により決定。

1.書類選考
 小論文 【記載方法等が昨年度から変更されていますのでご注意ください】

ア 様式

 下記「貸与の手引き・応募様式」からダウンロードした用紙を使用してください。ただし、用紙をダウンロードできない場合などは、下記規格の市販の原稿用紙を使用するか、手持ちのワープロソフトを下記規格のとおり設定して使用しても差し支えありません。

 <規格>

 A4 縦型用紙に横書きで、400字詰め(横20字×縦20行)で記載

イ 分量、記載方法

 分量は上記アで指定する400字詰めの用紙5枚。 このうち1枚目に選択コースと表題(下記参照)と氏名を記入し、2枚目から5枚目までに次のテーマについて本文を記載してください(つまり、本文は空欄や句読点を含めて1,200字超1,600字以内となります)。なお、すべてのページにページ番号をふってください。

※表題は選択コースに応じ、下記のテーマに沿って自由に付けてください。

〈テーマ〉

【特定地域の公的医療機関志望コース】選択の方

「埼玉県の医師不足地域での勤務を志望する理由」

 

 

【産科・小児科・救命救急センター志望コース】選択の方

 

「埼玉県内の産科、小児科、救命救急センターでの勤務を志望する理由」 

 

 <参考:過去の小論文テーマ>

  H27「将来埼玉県でどのような医師として働きたいか」、H28「私が医師になって成し遂げたいこと」、H29「これからの医師に求められることと、私ができること」

2.面接選考
 書類選考に合格した者に対して実施

3.最終選考結果
 面接選考受験者に対し、平成30年9月28日(金曜日)までに郵送

(11)留意事項

県外の大学の医学を履修する課程に入学が認められなかった場合は、貸与候補者としての資格を失う。
奨学金の貸与を希望する場合は、来年度以降、改めて本制度に応募する必要がある。

貸与の手引き・応募様式

貸与の手引きなどについては、下記からダウンロードしてください。

郵送をご希望の場合は、返信用封筒(角型2号封筒(A4サイズが折らずに入る封筒)に送付先を記載し205円分の切手を貼付してください)を同封の上、【〒300-8777 さいたま市中央区新都心1-2 埼玉県立小児医療センター8階 埼玉県医療人材課 医師確保対策担当】まで郵便でご請求ください。ご請求の際は、埼玉県医師育成奨学金の応募書類請求である旨を明記してください。

(1)貸与の手引き

  ダウンロード(PDF:970KB)

(2)埼玉県医師育成奨学金応募申請書(応募様式1)

 ダウンロード(ワード:52KB)

 ダウンロード(PDF:142KB)

(3)埼玉県医師育成奨学金応募チェックリスト(応募様式2)

 ダウンロード(ワード:50KB)

 ダウンロード(PDF:102KB)

(4)小論文

 ダウンロード(ワード:37KB)

 ダウンロード(PDF:47KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部 医療人材課 医師確保対策担当

郵便番号330-8777 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地2(埼玉県立小児医療センター8階)

電話:048-601-4600

ファックス:048-601-4604

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?