Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年9月22日

医薬品・医薬部外品・化粧品の製造販売業及び製造業の方へ

【平成26年11月25日から医薬品及び医薬部外品の適合性調査申請手数料を変更しました。】

※詳しくは3.申請手数料一覧のGMP適合性調査(医薬品及び医薬部外品共通)をご覧ください。

医薬品・医薬部外品・化粧品の製造販売業者及び製造業者の方を対象としたページです。
初めて製造販売業及び製造業の許可の取得をお考えの方は、必ず、事前に相談して下さい。
 

  1. 申請等の案内
  2. 医薬品等適合性調査について
  3. 申請手数料一覧
  4. 自主回収について
  5. 医薬品等の表示・広告の相談を希望される方へ
  6. 緊急情報提供及び収集体制の整備について

1.申請等の案内

(1)申請・相談等の受付について

申請書・届出等の提出及び相談は、電話による予約制です。

予約は先着順ですので、早めの日程調整に御協力をお願いします。

  • ア 電話による予約受付時間
    午後1時~午後2時(月曜~金曜※県の休日を除く)
    電話 048-830-3627
  • イ 申請・相談等の受付時間
    • 申請・届出等 午前9時~正午(15分~30分毎)
    • 相談、GMP関係書類審査等 午後2時~4時30分(30分毎)

(2)製造販売業及び製造業の許可申請の流れ

【事前相談】*新規、製造所の移転の場合

  • 製造販売業:GQP、GVP、総括製造販売責任者などについて
  • 製造業:構造設備、製造管理者・責任技術者などについて

【業者コード登録】*新規、製造所の移転の場合 業者コード登録票(ワード:23KB)


【申請書提出】電子申請ソフト(FD申請ソフト)にて作成

⇓※医薬品等製造販売業・製造業許可申請に必要な書類

【実地調査】(必要に応じて改善指示・改善報告)


【許可】※許可調査要領に基づく

(3)製造販売業及び製造業許可調査要領

埼玉県内の製造販売業者、製造業者の許可調査は、以下の要領に基づいて行います。

製造販売業許可調査実施要領(PDF:128KB)

様式4

製造販売業許可調査における改善計画書(ワード:18KB)

製造販売業許可調査における改善計画書(PDF:61KB)

様式5

製造販売業許可調査における改善報告書(ワード:17KB)
製造販売業許可調査における改善報告書(PDF:50KB)

様式9

製造販売業立入検査等における改善計画書(ワード:58KB)
製造販売業立入検査等における改善計画書(PDF:61KB)

様式10

製造販売業立入検査等における改善報告書(ワード:57KB)
製造販売業立入検査等における改善報告書(PDF:50KB)

製造業許可調査実施要領(PDF:157KB)

様式5

製造業許可調査における改善計画書(ワード:17KB)
製造業許可調査における改善計画書(PDF:50KB)

様式6

製造業許可調査における改善報告書(ワード:18KB)
製造業許可調査における改善報告書(PDF:49KB)

様式10

製造業立入調査における改善計画書(ワード:18KB)
製造業立入調査における改善計画書(PDF:51KB)

様式11

製造業立入調査における改善報告書(ワード:18KB)
製造業立入調査における改善報告書(PDF:49KB)

2.医薬品等適合性調査について

(1)適合性調査の実施方法について

医薬品等適合性調査申請書の提出

  • 申請に関する相談は、お早めにお願いします。
  • 適合性調査申請は、調査結果希望日の約3ケ月前に薬務課に来課して行ってください。
  • 申請日はあらかじめ薬務課医薬品化粧品審査・監視担当(電話:048-830-3627)に電話して予約をとってください。
  • 申請手数料は、県収入証紙を購入してください。詳しくは、申請手数料一覧をご覧ください。

事前資料の提出

調査対象者は、調査の3週間前までに事前資料を提出してください。


(調査方法の決定(実地調査or書面調査)、日程調整、調査計画)


(薬務課から調査対象者あてGMP調査通知書の送付)

調査実施

  • 調査により指摘事項があった場合には、調査対象者に対してGMP調査指摘事項書を交付します。
  • 指摘事項書が交付された調査対象者は、改善結果報告書又は改善計画書を提出してください。

(薬務課にて調査結果を審査)


(適合性調査結果をシステムにて承認権者あて通知)

(適合性調査結果通知書の写しを申請者に対して交付)

(実地調査を行った場合は、GMP調査結果報告書の写しを調査対象者に対して交付)

(2)医療用後発医薬品に係るGMP適合性調査申請について

医療用後発医薬品に係る承認審査及びGMP適合性調査等のスケジュール(PDF:55KB)をご確認ください。

(3)GMP適合性申請に必要な書類及び事前提出資料

≪様式≫

3.申請手数料一覧

申請手数料は、埼玉県証紙での納入となります。

埼玉県証紙の購入場所(PDF:132KB)をご覧ください。)

埼玉県証紙は、申請書には貼付せずに持参して下さい。

それぞれの申請手数料については、下記のとおりです。

4.自主回収について

(1)回収事由の発生から終了までの流れ

  1. 情報の入手・分析
    GQPの品質情報、GVPの安全管理情報を入手し、分析を行います。
    適切な情報を迅速に入手し、検討出来るよう、日頃から連携体制を整えておくことが重要になります。
  2. 回収の必要性の判断・回収の決定
    回収の必要性の判断については、医薬品・医療機器等の回収について(PDF:1,254KB)(平成26年11月21日付け薬食発1121第10号厚生労働省医薬食品局長通知)を参考にしてください。
  3. 回収作業着手(納入施設への情報提供、回収措置)
    GQP手順書等の回収処理に関する手順等に基づいて、関係部門との連携のもと、回収作業を行ってください。また、実際の回収作業を開始するのに時間を要する場合、その間に保健衛生上の問題が拡大しないよう、予め納入施設に対して不良の発生を回避する方法や、不良が起こった時の対処方法などの情報を提供するようにして下さい。
  4. 回収に係るインターネット原稿を埼玉県を通じて厚生労働省に提出
    インターネット原稿は、インターネット掲載用資料作成用テンプレートで作成したファイルを提出してください。
    インターネット掲載用資料作成用テンプレート(医薬品・医薬部外品・化粧品):PMDAのホームページ
    インターネット掲載用資料作成時の注意点(医薬品・医薬部外品・化粧品):PMDAのホームページ
    医薬品・医薬部外品・化粧品の回収
  5. 回収着手報告書の提出 回収着手報告例(ワード:37KB)
  6. 回収終了報告書の提出 回収終了報告書例(ワード:36KB)
  7. 回収品の確認
    回収終了報告書に記載されたとおりに回収できているか、薬事監視員が立ち入って確認します。
    なお、回収終了報告書が提出され、回収作業が終了した事が確認出来次第、上記4記載のPMDAのホームページの備考欄に「回収終了」の文字が入ります。
  8. 回収品について廃棄等の処分
    回収品の廃棄が生じた場合は、廃棄完了報告書を提出して下さい。
    回収品の廃棄完了報告書例(ワード:31KB)

(2)回収にあたっての留意事項

  • 医薬品・医薬部外品・化粧品に関する回収事由が発生した際は、速やかに下記担当まで御連絡ください。
    医薬品化粧品審査・監視担当(048-830-3627)
    また、回収することになりそうな事案が発見された場合や、回収の意志決定前の御相談もお受けしております。
    なお、回収対象品目を輸出している場合は、この時点でご報告ください。
  • 上記3~5の作業は、ほぼ同時に行うことになります。迅速な対応ができるよう、体制整備をお願いします。
  • 副作用や不具合(あるいはその可能性)の発生による回収の場合は、医薬品医療機器等法第68条の10に基づく厚生労働大臣(独立行政法人医薬品医療機器総合機構安全部)への報告についても、確実に行ってください。

5.医薬品等の表示・広告の相談を希望される方へ

医薬品医療機器等法違反を未然に防止するため、埼玉県内の製造販売業者の方からの医薬品・医薬部外品・化粧品の表示・広告等に関する相談をお受けしております。

相談を希望される場合は、次の事項に留意されますようお願いします。

なお、来庁される場合であっても、ファックス等により原案を送付されるようにお願いします。

また、E-mailのみによる相談は、お受けしませんので御了承ください。

医薬品医療機器等法及び関連通知の確認

医薬品医療機器等法に関する表示については、医薬品医療機器等法に規定されているほか、医薬品等広告適正基準(昭和55年10月9日付け薬発第1339号厚生省薬務局長通知)等により規制されています。

これらの法条文や通知を確認いただき、疑問点を明確にしたうえ、御相談ください。

表示・広告原案の作成

御相談いただく際は、あらかじめ原案を作成し、事前にファックス等による原案を送付していただきますようお願いします。

6.緊急情報提供及び収集体制の整備について

埼玉県内で製造販売業、製造業の許可を取得している事業者の方から、緊急時の連絡先等の確保のため、メールアドレス等の連絡先の登録をお願いします。

こちらの「緊急情報提供及び収集体制の整備について」をご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部 薬務課 医薬品化粧品審査・監視担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

電話:048-830-3627

ファックス:048-830-4806

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?