Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 認知症施策 > 若年性認知症に関する取組について

ここから本文です。

 

掲載日:2017年3月29日

若年性認知症に関する取組について

若年性認知症とは

認知症は高齢者の病気と思われがちですが、いわゆる「現役世代」と呼ばれる人々にも発症することがあります。

「若年性認知症」は、18歳以上65歳未満で認知症が発症した場合を総称した言い方です。

厚生労働省の研究※によると、若年性認知症が発症する平均年齢はおおむね51歳と推計されています。これは、組織の中核や一家の大黒柱として、大変重要な時期に当たります。そのため、就業や家族の生活に深刻な影響を及ぼすことになりかねません。

現在のところ、多くの場合、認知症を直すことは困難ですが、病気の進行を遅らせたり、症状を改善したりすることができるものも少なくないことから、早期発見・早期治療が非常に重要です。

若年性認知症の方やその御家族が住み慣れた家庭や地域で安心して暮らしていくことができるよう、地域や職場における皆さまがたのご理解とご支援をよろしくお願いします。

※「若年性認知症の実態と対応の基盤整備に関する研究」(平成21年3月19日厚生労働省発表)から

平成29年度若年性認知症デイサービスを提供するモデル事業者を募集します

認知症は、一般的には高齢者に多い病気ですが、65歳未満で発症した場合「若年性認知症」とされ、県内推計人数は約2,000人となっています。

県では、若年性認知症の人の居場所づくりのため、平成29年度にも通所介護サービスを提供するモデル事業者を公募します。

詳細は、こちらのページを御覧ください。

若年性認知症デイサービスを提供する事業者について

県では、若年性認知症の人の居場所づくりのため、平成28年度に通所介護サービスを提供するモデル事業者を公募し、2事業者を決定いたしました。

デイサービスの詳細は、下の案内を御覧ください(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)。

upness(PDF:961KB)

株式会社あいはな(所在地:春日部市)
事業の種類:通所介護
事業所の名称:アップネス

 

 keyakinoie(PDF:2,790KB)

社会福祉法人三芳町社会福祉協議会(所在地:三芳町)
事業の種類:認知症対応型通所介護
事業所の名称:デイサービスセンター けやきの家

若年性認知症に関するリーフレット

若年性認知症の方が利用できるサービスは?この手続きから始めましょう

県では、若年性認知症と診断された方がいち早くサービスを受けられるよう、ご家族ご親戚、地域や職場など周囲の方々、並びにご本人をご支援されている方々の道しるべとしてこのリーフレットを作成しました。

若年性認知症の方には、現役世代だからこそ給付の対象になるものなど、様々なサービスが用意されています。リーフレットを参考にして積極的に情報収集し、サービスを活用してください。

若年性認知症の方が利用できるサービスは?(平成29年2月版)(PDF:310KB)

仕事上のトラブルも、もしかしたら”若年性認知症”が原因かもしれません

若年性認知症の方の早期発見・早期治療のためには「現役世代」が多くの時間を過ごす職場における皆さまがたのご理解とご支援が必要です。

そこで、県では職場における若年性認知症発見のポイントやサービスを記載したリーフレットを作成しましたので、積極的にご活用ください。

仕事上のトラブルも、もしかしたら若年性認知症が原因かもしれません(両面印刷用)(PDF:660KB)

※A4サイズの紙に両面印刷し、三つ折りにして使用してください。

若年性認知症を発症した社員を雇用する事業主の皆さまへ

若年性認知症といっても、人によってその症状、進行はさまざまです。若年性認知症の発症と同時に就労が困難になるわけではないので、支援機関や支援制度を活用したり、症状に応じた職務内容の変更や配置転換を行うなどの取組により、若年性認知症の方の雇用継続の可能性は広がります。

若年性認知症の方の雇用支援・就労支援サービスリーフレット(厚生労働省)(PDF:823KB)

会議・セミナー等情報

「平成28年度埼玉県若年性認知症支援セミナー」を開催しました。

平成29年3月23日(木曜日)に、行政、医療、介護等の支援関係者を対象として若年性認知症の人とその家族への支援のあり方について理解を深める標記セミナーを開催しました。

平成28年度は、若年性認知症の人の家族の思いや若年性認知症の親を持つ子どもへの支援について考える講演と併せて、平成28年度若年性認知症デイサービス創業支援事業のモデル事業者の報告会を行いました。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

「平成28年度埼玉県若年性認知症支援セミナー」結果概要

「平成27年度埼玉県若年性認知症支援セミナー」を開催しました。

平成28年2月12日(金曜日)に、行政、医療、介護等の支援関係者を対象として若年性認知症の人とその家族への支援のあり方について理解を深める標記セミナーを開催しました。

詳しくは以下のリンク先をご覧ください。

「平成27年度埼玉県若年性認知症支援セミナー」結果概要

「平成26年度埼玉県若年性認知症介護研修」を実施しました

平成27年2月16日(月曜日)に、県内介護保険事業所の職員等を対象として標記研修を実施しました。この研修は若年性認知症の医学的理解、ケアの理解、介護家族支援をテーマとして、介護従事者の皆さまに若年性認知症に関する理解や支援の啓発を行うことを目的としたものです。

詳しくは以下のリンク先をご覧ください。

「平成26年度埼玉県若年性認知症介護研修」結果概要

「第5回全国若年認知症フォーラムIN埼玉 若年認知症の地域医療と地域ケア」が開催されました

平成26年2月22日(土曜日)に、全国若年認知症家族会・支援者連絡会の主催で、県との共催により「第5回全国若年認知症フォーラムIN埼玉」が開催されました。このイベントは全国の皆さまに若年性認知症について理解していただくとともに、若年性認知症の人と家族を支援するためのノウハウや介護のヒントについて提供することを目的としたものです。

詳しくは以下のリンク先をご覧ください。

「第5回若年性認知症フォーラムIN埼玉」結果概要

埼玉県若年性認知症自立支援ネットワーク会議の開催

県では、いわゆる現役世代が発症する若年性認知症に対し関係者の認識が高まり、ひとりひとりの特性に応じた適切な支援が受けられるように関係者が連携し支援する自立支援ネットワーク事業を実施しています。

埼玉県若年性認知症自立支援ネットワーク会議は、支援事業の円滑な実施や県内への普及等について協議するものです。
以下のとおり、平成27年度第1回会議を開催しました。

日時

平成27年6月3日(水曜日)16時10分~17時40分

※埼玉県認知症施策推進会議(14時30分~16時00分)の終了後、続けて開催します。

場所

さいたま商工会議所会館4階第2・3会議室
さいたま市浦和区高砂3-17-15
電話/048-838-7700(代)

大きな地図で見る

議事

  • 若年性認知症の人やその家族への支援について
  • その他

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部 地域包括ケア課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-3251

ファックス:048-830-4781

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?