Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2019年12月9日

住宅用太陽光埼玉あんしんモデル

埼玉県は、住宅用太陽光発電の普及のため、官民連携で「住宅用太陽光埼玉あんしんモデル協働事業」に取り組んでいます。
太陽電池メーカーの協力の下、地元の販売店や施工店とともに安全施工を追及して、住宅用太陽光発電設備の普及を目指します。

jigyogaiyo-r1 

住宅用太陽光埼玉あんしんモデルとは?

・ 住宅用太陽光発電設備の率先推進

県内の太陽光発電の普及目標を掲げ、販売会社や施工店等と協力し、積極的に推進します。

・安心安全な施工

住宅用太陽光発電設備の販売又は施工を3年以上行い、3年間で計30件以上設置した実績を有する販売店、施工店による安心安全な施工をお約束します。

・県民に対する丁寧な対応

住宅用太陽光発電の設置に伴う県民の不安を解消するため、修理や維持管理などの各種相談に丁寧に対応します。

・共通マークの使用

「住宅用太陽光 埼玉あんしんモデル」を実施する販売店・施工店には共通ステッカーが貼ってあります。

 sutekka_mihon

共通ステッカー(見本)

イベント「Act Green ECO WEEK 2019」に出展しました!

協定締結事業者と県が共同で、越谷市のイオンレイクタウンで行われた環境イベントに出展しました。共同出展のブースには2日間で、1000名以上のお客様が足を運んでくださいました。
太陽光発電やHEMS、蓄電池等の創エネ・省エネ設備の展示や説明のほか、事業PRも行い、様々なお客様にお話を聞いていただきました。

(イベント概要)
イベント名:Act Green ECO WEEK 2019
日時:10月19日(土曜日)、21日(日曜日)10時00分~17時00分
会場:イオンレイクタウンmori(越谷市)

eoweek2019-02ecoweek2019-01

 

協働事業協定締結式を実施しました!

令和元年11月8日(金曜日)に「住宅用太陽光埼玉あんしんモデル協働事業に関する協定」の締結式を実施しました。
県と太陽電池メーカー(協定締結事業者)、販売・施工店(参画事業者)が連携し、太陽光発電の導入を進めます。

期間:令和元年11月8日~令和3年9月30日

 協定締結事業者(五十音順)

  • カネカソーラー販売株式会社 
  • 京セラ株式会社ソーラーエネルギー事業本部
  • シャープエネルギーソリューション株式会社
  • ソーラーフロンティア株式会社
  • ハンファQセルズジャパン 
  • 三菱電機住環境システムズ株式会社関越支社

 協定締結式の様子

協定締結事業者6社と環境部長で締結式を行いました。

 [カネカソーラー販売株式会社]

 kaneka-kyoutei

 

[京セラ株式会社ソーラーエネルギー事業本部]

kyocera-kyoutei

 

[シャープエネルギーソリューション株式会社]

sharp-kyoutei

 

[ソーラーフロンティア株式会社]

solar-kyoutei

 

[ハンファQセルズジャパン株式会社]

qcells-kyoutei

 

[三菱電機住環境システムズ株式会社 関越支社]

mitsubishi-kyoutei

 

[締結事業者6社]

ihidou-kyoutei

 

※協定締結事業者を募集しています!

本事業への参加を希望する場合は、下記の「お問い合わせ」までご連絡をお願いします。

応募資格を満たしている場合は、協定期間中でも随時協定を締結します。

実施店舗

実施店舗

「住宅用太陽光 埼玉あんしんモデル」を推進する協定締結事業者や販売店・施工店をご紹介します。

カネカソーラー販売株式会社

sutekka_kaneka カネカは、住宅の「意匠性」を考えた瓦一体型太陽電池や、複雑な屋根に対応でき「意匠性」にこだわった屋根と街並みに調和する太陽電池を製造・販売しております。屋根材としての防水性、耐風圧性を検証する風洞実験など、当社では数々の性能試験を行い、この試験をクリアした製品を皆様にお届けしています。カネカの施工体制は厳しく、製品機能の進化と設置技術品質を高めるため独自の施工技術研修制度を導入。受講者にはIDカードを発行し登録者のみが施工する体制です。
 また、生産工場はコウノトリの郷としても知られる兵庫県豊岡市にあり、環境に関する展示会、美化清掃活動への参加など地球環境への貢献も欠かしません。「美しく、安心安全で、耐久性に優れいている」太陽電池をカネカは提供してまいります。

カネカ製品を取り扱う店舗(PDF:170KB)

 

京セラ株式会社 ソーラーエネルギー事業本部 ソーラーエネルギー国内営業部

sutekka_KYOCERA 京セラでは、太陽光発電システムが正しく設置されるように研修制度を設けています。試験を通過した者が取得する施工IDは2年に1度の更新制とし、施工に関する定期的な学習を義務付けております。
 京セラソーラーFCは、太陽光発電システムを専門に扱うフランチャイズシステムの加盟店です。太陽光発電システムだけではなく蓄電システム・HEMSなどエネルギー関連商品の販売・施工・アフターサービスまで一貫したサービスをご提供いたします。
 太陽光発電システムは、一度ご購入いただくと、10年、20年と長くお客様にご使用いただく商品です。京セラは、住宅用太陽光発電システムの発売から20年以上が経過し、信頼の長期稼働実績を持っています。お客様の安心・安全のために、今後も様々な取り組みを続けていきます。  

京セラ製品を取り扱う店舗(PDF:142KB)

 

 シャープエネルギーソリューション株式会社

sutekka_SHARP シャープは、1959年に太陽電池の開発に着手以来、長年にわたり実績とノウハウを築いて参りました。高効率で見栄えの良い太陽電池モジュール、スリムで大容量の蓄電池など、お客様のニーズに合わせて最適のシステムをご提案。さらに、エネルギーマネージメントだけでなく、8K対応テレビなど最新家電との連携、音声対話型ロボットを活用した快適・安心・安全なスマートホームに進化して参ります。
 シャープでは、研修・資格制度に基づいた認定販売店が、県内のお客様に安心の施工品質をご提供。設置後も、ソーラー/蓄電池Webモニタリングサービスでシステムを見守ります。全てシャープ純正だからできる長期保証でお客様の期待にお応えします。

シャープ製品を取り扱う店舗(PDF:184KB)

 

ソーラーフロンティア株式会社

sutekka_SOLAR ソーラーフロンティアは、エネルギーのプロ・昭和シェル石油から生まれた、国内唯一の大手専業太陽電池メーカーです。太陽電池の研究・開発を始めて約40年。業界での長いキャリアと確かな実績を礎に、太陽電池をもっと「当たり前」のエネルギーにしていきます。
 ソーラーフロンティアの太陽電池は、一般的な結晶シリコン系とは素材が異なる次世代太陽電池=CIS太陽電池です。(1)次世代技術で実発電量トップクラス (2)製品に自信があるから安心の保証体制 (3)100%国内生産ならではの信頼の高品質 という3つの特長で、多くのお客様にご満足頂いております。
 知れば知るほど良さがわかるのがCIS太陽電池。もっと秘密を知りたい方は、是非弊社もしくは参画販売店様にお問合せください。生活の近くで末永く使うものだからこそ、じっくり、くらべて選んで頂ければと思います。

ソーラーフロンティア製品を取り扱う店舗(PDF:146KB)

 

ハンファQセルズジャパン 

sutekka_QCELLS Qセルズでは、施工店の施工ID研修制度を通じて、お客様への安全・安心な施工サービスの提供と施工品質の向上に努めています。また、お客様に安心して太陽光発電システムをご使用いただくため、25年の出力保証、15年のシステム保証、10年の災害補償(設備容量10kW未満)を無償にてご提供いたします。
 Qセルズの太陽電池モジュールは札幌よりも高緯度で照度の低いドイツ・ライプチヒで研究開発され、ヨーロッパでの高い普及率を誇ります。照度の低い季節(秋~冬)や曇りの日、朝夕、西向き・東向きの設置環境においてもその力を存分に発揮します。優れた発電特性で、太陽の力を最大限に活かしながら、数ある太陽電池メーカーのなかでもトップクラスの発電量を実現します。また、Qセルズでは、蓄電システムのラインナップを取り揃えており、お客様のご要望に応じて最適なご提案が可能です。 

ハンファQセルズジャパン製品を取り扱う店舗(PDF:157KB)  

 

三菱電機住環境システムズ株式会社関越支社

sutekka_mitsubishi 三菱電機の太陽光発電システムは、国内自社生産でかつ「高出力モジュール」と「高効率パワーコンディショナ」の組合せで高い発電量を実現。またEV用パワーコンディショナとのセットで、太陽光発電・系統電源・EVの3つの電気をミックスして使える三菱オリジナル提案も可能です。さらにHEMSを通じて、ルームエアコンやエコキュート等の省エネ機器と連携させて、県民の皆様のニーズに合わせたスマートなエネルギーマネジメント提案ができます。

三菱製品を取り扱う店舗(PDF:149KB)

メディア掲載情報 

 

掲載日 媒体名 内容
2019年11月22日 産経新聞 朝刊 埼玉版 11月8日の協定締結式における環境部長と太陽電池メーカー担当者の意見交換の内容、埼玉県は過去10年間の快晴日数が全国第1位であり太陽光発電の導入に適していることなどが掲載されました。
2019年11月19日

毎日新聞 朝刊 埼玉版

埼玉ビズ+αのコーナーで、11月8日の協定締結式における環境部長と太陽電池メーカー担当者の意見交換の様子、太陽光発電が災害時に非常用電源として利用できるエネルギー源にもなることが掲載されました。

2019年11月12日 メガソーラービジネス:日経BP 日経 xTECHの「メガソーラー」ジャンルのページに、11月8日の太陽電池メーカー6社と住宅用太陽光発電設備の普及に関する協定を締結したことが掲載されました。
2019年11月9日

日本経済新聞 朝刊

11月8日に太陽電池メーカー6社と住宅用太陽光発電設備の普及に関する協定を締結したことが掲載されました。
2019年11月8日 時事通信社 iJANP 11月8日に太陽電池メーカー6社と住宅用太陽光発電設備の普及に関する協定を締結したことが掲載されました。

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部 エネルギー環境課 住宅等省エネルギー推進担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎3階

ファックス:048-830-4778

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?