Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 住宅 > 耐震 > 埼玉県が所有する公共建築物の耐震性能リスト

ここから本文です。

 

掲載日:2018年9月6日

埼玉県が所有する公共建築物の耐震性能リスト

1 公表の目的及び対象

大規模災害時には、県有施設は、避難所や防災拠点として重要な機能を果たします。

このため、県では、県有建築物について、「防災上重要な建築物」をはじめとして優先順位を定め、耐震診断・改修等を行い、順次耐震化を進めています。

ついては、施設の現状を御理解いただくため、主要な県有建築物(699施設、2,100棟)について、耐震性能の状況を公表します。

《建築物の用途別の内訳》平成30年3月現在

用途区分

施設数

棟数

例示

A 防災上重要な県有建築物

384施設

1,113棟

A-1 災害対策本部等が設置される施設

22施設

29棟

県庁舎、地方庁舎等

A-2 医療救護活動施設

16施設

37棟

保健所、県立病院等

A-3 応急対策活動施設

125施設

188棟

警察署、県土整備事務所、浄水場等

A-4 避難収容施設

208施設

802棟

県立学校、埼玉会館、文化会館等

A-5 社会福祉施設

13施設

57棟

児童養護施設等

B 多くの県民が利用する県有建築物

39施設

102棟

県民活動総合センター、埼玉スタジアム等

C 県営住宅

276施設

885棟

県営住宅団地、団地内の集会室

※本公表の対象としている建築物は、原則として下記の規模のもの。
・非木造;2階建て以上又は延べ面積200平方メートルを超えるもの。
・木造;3階建て以上又は延べ面積500平方メートルを超えるもの。
ただし、職員住宅、試験・研究・研修施設、機械室・倉庫・車庫、活動拠点以外の事務所棟などは除く。

2 県有建築物の耐震性能の現状

建築基準法で耐震性能を有するとされる建築物は、ランクIa及びランクIbと判定された建築物であり、全体で2,098棟(99.9%)となっています。

耐震性が十分でない建築物は、ランクII、ランクIIIと判定された建築物であり、2棟(0.1%)となっています。また、耐震診断が未実施の建築物は、0棟(0.0%)となっています。

県有建築物の耐震性能の現状

耐震性能のランク

棟数

割合

耐震性能を有する建築物

2,098棟

99.9%

ランクIa(耐震性が優れている) 「表1」(PDF:159KB)

107棟

5.1%

ランクIb(耐震性が確保されている) 「表2」(PDF:573KB)

1,991棟

94.8%

耐震性が十分でない建築物

2棟

0.1%

ランクII(耐震性がやや劣る) 「表3」(PDF:48KB)

2棟

0.1%

ランクIII(耐震性が劣る)

0棟

0.0%

耐震診断未実施の建築物

0棟

0.0%

※割合は、建物全体(2,100棟)に対する比率です。

3 耐震性能ランク判定基準

ランク基準の考え方

  • 昭和56年(1981年)6月に改正建築基準法が施行され、建築物の設計基準が改正されています。
  • 昭和56年5月以前の旧基準の建築物は、耐震診断で算出される構造耐震指標Is値に基づき、3段階でランク付けを行っています。
  • 昭和56年6月以降の新基準の建築物は、施設建設時の構造計算で用いられる重要度係数(I)に基づき、2段階でランク付けを行っています。
  • なお、地震の対象想定震度は、震度6強~震度7程度とします。
ランク基準

ランク

大地震に対する耐震性能

旧基準の建築物「構造耐震指標」(Is値)

新基準の建築物「重要度係数」(I)

Ia

耐震性が優れている建築物

構造体の大きな補修をすることなく、建築物を使用できる。

1.25以上

Ib

耐震性が確保されている建築物

構造体に部分的に損傷を生ずる可能性はあるが、倒壊又は崩壊する危険性は低い。

0.6以上

1.00以上
1.25未満

II

耐震性がやや劣る建築物

倒壊又は崩壊する危険性は、ランクIIIより低いが、地域及び地盤状況によっては、かなりの被害を受けることが想定される。

0.3以上
0.6未満

III

耐震性が劣る建築物

地域及び地盤状況によっては、倒壊又は崩壊する危険性が高く大きな被害を受けることが想定される。

0.3未満

(注)適用範囲:この判定基準は、建築物の上部構造を対象とした評価です。また、建築物の非構造部材の耐震性は考慮していません。

4 建築物別の耐震性能のリスト

用途別建築物の耐震性能及び各部局別(施設管理別)建築物の耐震性能リストは、こちらから御覧ください。

なお、各建築物の状況等については、表内の「担当課室」にお問い合わせください。

用途別建築物の耐震性能の状況

各部局別(施設管理別)建築物の耐震性能の状況

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理防災部 危機管理課 震災予防担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 危機管理防災センター2階

電話:048-830-8141

ファックス:048-830-8129

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?