Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2016年6月1日

子どもの安全対策

最近、子どもが狙われる事件が目立ちます。

このページでは、子どもに対する犯罪被害を防ぐために、各種情報をお知らせします。

子どもに対する声かけ事案の状況

平成27年中に埼玉県内で発生した子どもに対する声かけ事案(※1)は2,481件で、前年と比べて195件(8.5%)増加しています。驚いているコバトン

※1 子どもに対する声かけ事案

犯罪には至らないが、その前兆的行為として、「声をかける」「手を引く」「後をつける」などの事案をいいます。

特徴は以下のとおりです。

  • 被害者は、小学生中学生約8割、性別では女子約6割以上を占めます。
  • 午後3時台から6時台の4時間約6割被害が集中しています。
  • 約8割路上被害にあっています。
  • 約7割一人でいる時被害にあっています。

※くわしくは埼玉県警察本部ホームページ「子どもに対する声かけ事案」をご覧ください。

このように、子どもが不審者からの声かけに騙され、被害に遭うケースが多いことから、発生を未然に防ぐためには子ども自身の「危険予知能力」や「危険回避能力」を高めることが大切です。

子ども自身が気をつけること「4つの約束」

  1. 一人にならない!
  2. 知らない人について行かない!(※2)
  3. 大きな声で助けを呼ぶ!
  4. 誰とどこで何時まで遊ぶか家の人に話す!

※2 たとえ顔見知りでも、家族や親が認めた人以外には、ついて行かないように教えましょう。

具体的な対処法の例

車からの声かけ

  • 車の中から話しかけられても、近づいてはいけません。
  • 危ないと思ったら、車の進行方向と逆に逃げましょう。 

家族が留守の家での対応

  • 家に入る前に、不審な人が周りにいないか確認しましょう。家に誰もいなくても、「ただいま」と言いながら入りましょう。
  • 留守番していて訪問者が来たときは、玄関を開ける前に、ドアスコープやインターホンで相手を確認しましょう。知らない人であれば玄関を開けてはいけません。場合によっては居留守を使います。大人がいないことを知らない人に言ってはいけません。

エレベーター内での対応

  • 知らない人と二人だけで乗ったときは、近くの階で降りましょう。
  • エレベーターホール等に不審な人がいないか周囲を確認しましょう。
  • エレベーターは、非常ベルや各階のボタンを押せる位置に乗りましょう。

「110番」のかけ方ご存知ですか?

  • 110番は、犯罪や事故等に遭ったとき、警察に緊急通報するための電話です。
  • 使い方を理解していざという時に通報できるようにしましょう。
  • くわしくは埼玉県警察本部ホームページ「110番の利用方法」をご覧ください。
  • 公衆電話の設置場所はNTT東日本「公衆電話_設置場所検索」で確認できます。

指示棒で左上を指しているコバトン

埼玉県警察本部ホームページ「子ども・女性・高齢者の安全」にも犯罪防止に役立つ情報を掲載しています。
是非、ご覧ください。

お問い合わせ

県民生活部 防犯・交通安全課 防犯事業担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

電話:048-830-2940

ファックス:048-830-4757

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?