Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 防犯・交通安全 > 防犯のまちづくり > 県内の犯罪情勢(平成30年)

ここから本文です。

 

掲載日:2019年3月8日

県内の犯罪情勢(平成30年)

県内の刑法犯認知件数は減少傾向

平成30年の埼玉県の刑法犯認知件数は6万1件で、前年と比較すると3,382件(5.3%)の減少でした。
過去最悪を記録した平成16年の18万1,350件と比較すると、12万1,349件(66.9%)も減少しています。

※県内の犯罪統計については、埼玉県警察本部のホームページ(トップページ>犯罪・防犯情報>犯罪統計)も併せてご覧ください。

 

県内刑法犯認知件数推移(H16~H30)

身近な犯罪の状況

犯罪の多くは身近な場所で行われており、次に掲げる9罪種で、全刑法犯罪の約5割を占めています。

特に自転車盗は全刑法犯罪の約3割ともっとも多く発生しています。

全刑法犯に占める街頭犯罪と住宅侵入窃盗割合(H30)

自転車盗

平成30年は17,026件で前年と比較すると1,122件(6.2%)の減少でした。

平成16年の36,026件と比較すると19,000件(52.7%)減少しています。

主な手口と犯罪対策→自転車盗・オートバイ盗対策

 自転車盗認知件数推移(H30)

車上ねらい

平成30年は3,253件で前年と比較すると434件(11.8%)の減少でした。

平成16年の23,553件と比較すると20,300件(86.2%)減少しています。

主な手口と対策→自動車盗・車上ねらい・部品ねらい対策

車上ねらい認知件数推移(H30)

住宅侵入窃盗

平成30年は2,595件で前年と比較するとすると52件(2.0%)増加しました。

平成16年の14,790件と比較すると12,195件(82.5%)減少しています。

主な手口と対策→住宅侵入盗(空き巣、忍びこみなど)対策

住宅侵入窃盗認知件数推移(H30)

部品ねらい

平成30年は1,740件で前年と比較すると417件(19.3%)の減少でした。

平成16年の7,357件と比較すると5,617件(76.3%)減少しています。

主な手口と対策→自動車盗・車上ねらい・部品ねらい対策

 部品ねらい認知件数推移(H30)

オートバイ盗

平成30年は1,203件で前年と比較すると243件(16.8%)の減少でした。

平成16年の8,533件と比較すると7,330件(85.9%)減少しています。

主な手口と犯罪対策→自転車盗・オートバイ盗対策

オートバイ盗認知件数推移(H30)

自動販売機ねらい

平成30年は591件で前年と比較すると172件(22.5%)の減少でした。

平成16年の8,756件と比較すると8,165件(93.3%)減少しています。

自販機ねらい認知件数推移(H30)

自動車盗

平成30年は747件で前年と比較すると11件(1.5%)の減少でした。

平成16年の6,178件と比較すると5,431件(87.9%)減少しています。

主な手口と犯罪対策→自動車盗・車上ねらい・部品ねらい対策

自動車盗認知件数推移(H30)

ひったくり

平成30年は165件で前年と比較すると128件(43.7%)の減少でした。

平成16年の4,289件と比較すると4,124件(96.2%)減少しています。

主な手口と犯罪対策→ひったくり・路上強盗対策

ひったくり認知件数推移(H30)

路上強盗

平成30年は34件で前年と比較すると20件(37.0%)の減少でした。

平成16年の444件と比較すると410件(92.3%)減少しています。

主な手口と犯罪対策→ひったくり・路上強盗の対策

 路上強盗認知件数推移(H30)

お問い合わせ

県民生活部 防犯・交通安全課 防犯・犯罪被害者支援担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

電話:048-830-2940

ファックス:048-830-4757

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?