ここから本文です。

「Untitled」鶴岡一義

掲載日:2021年9月16日

 

 

「Untitled」鶴岡一義 

 

TITLE

「Untitled」

ARTIST

鶴岡一義 / TSURUOKA Kazuyoshi
社会福祉法人みぬま福祉会 アトリエ輪所属

Review

美しい色の響き合いと、不思議な形に目を奪われる。

鶴岡さんと会った時、彼は木のブロックにそっと線を描いていた。お辞儀をすると丁寧に返してくれたが、また静かに制作へと戻っていく。その静かな仕草の中に、彼と作品との力強い対話を感じた。

重ねられ、並べられたブロックは、街のようにも見えるし、船のようにも、何かの部品のようにも見えてくる。

台やブロック一つ一つに、クルクルと、所によりグリグリと描かれた線が、広がっていくような、また逆に吸い込まれていくような感覚を覚えさせる。

そして、じっと見ていると、いつの間にか作品との距離感が失われ、巨大な都市かまたはミクロの世界か、気が付くとぐっと近づいてみている。

ここからどこかに広がって行こうとしているのか。それとも、この形でいたいのだろうか。

武蔵野美術大学油絵学科油絵専攻3年 保坂 萌衣