Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年3月27日

監査事務局

1埼玉県の監査の目指すもの

県民から信頼される監査を目指しています

県民の視点をもって監査します

県では、平成11年度から政策評価制度を導入し、成果を重視した県民本位の県政運営を進めています。しかし、これらの評価は、あくまで事業を担当する当事者が自らの仕事を評価するという自己評価です。

当事者以外の立場にある第三者が、県民の視点=納税者の視点で、県の事務執行や事業管理をチェックし評価することが必要です。

監査委員はこうした県民の視点をもって監査します。

行政をチェックし、改革を支持します

 

厳しい財政状況の中で、限られた財源を無駄なく効果的に事業に配分し、最大の価値や成果を生み出す質の高い行政サービスを目指し、県では行政改革を進めています。

監査委員は従来から担っている財務的視点を基本に監査します。これに併せて事業の妥当性や有効性などの視点からの監査も実施します。

また、財政の健全性や決算の正確性について審査をします。

こうした監査・審査を通して改善に向けた積極的な提言を行い、県の進める行財政改革を支援します。

2埼玉県の理念

県民の視点から改革を目指す監査は、県民の信頼につながります。これが県民の期待に応えた公正かつ適正な県の行財政運営の実行を確保することになります。

このため「県民の視点からの監査」、「改革を目指す監査」に「独立・公正な監査」、「県民に開かれた監査」を加えた4つを監査の理念として掲げ、監査を実施します。

1 県民から信頼される監査

県民の目線で、行政サービスを受ける立場に立って監査します。納税者の視点で監視します。

2 改革を目指す監査

財務監査を基本に行政的視点からの監査を実施します。改善に向けた積極的な提言を行い、改革を支援します。

3 独立・公正な監査

独立性を持って、公平・不備の立場から監査します。馴れ合いを排除した緊張感のある監査を実施します。

4 県民に開かれた監査

監査結果を分かりやすく公表します。

県民の皆さんの意見を監査に生かします。

3監査委員とは

監査委員は、監査を実施するために地方自治法に基づいて設置される独任制*の機関です。

地方公共団体の事務をチェックし、県民や議会にその結果を報告します。

そのため、監査委員は、他から制約を受けることなく公正不備の立場から監査を実施できるよう、独立した地位を与えられています。

※独任制とは…監査委員が一人一人独立して職務を行うことです。

そのため、複数の委員で構成していても、「監査委員会」という呼び方はしません。

監査委員は、地方公共団体の行政運営に優れた識見を有する者及び県議会議員の中から、議会の同意を得て、知事が選任します。

本県の監査委員は、識見を有する者の監査委員が2名、県議会議員の監査委員が2名の合計4名です。

お問い合わせ

監査事務局 監査第一課 総務担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

電話:048-830-6513

ファックス:048-830-4940

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?