環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 環境科学国際センター講演会 > 埼玉県環境科学国際センター講演会要旨 平成28年度

ここから本文です。

 

掲載日:2017年2月9日

埼玉県環境科学国際センター講演会要旨 平成28年度

平成29年2月3日(金曜日)さいたま市民会館うらわにて開催された「平成28年度埼玉県環境科学国際センター講演会『今、災害・事故等に求められる環境研究所の役割』」について、講演内容の要旨を紹介します。

基調講演

災害廃棄物問題と防災・減災のための学際連携ー東日本大震災・原発事故の教訓ー(PDF:341KB) 

東京大学大学院 教授 森口祐一

研究活動報告

アルミ残灰の発熱事故に対する技術的対応 (PDF:449KB)

資源循環・廃棄物担当 鈴木和将

県内における水質事故と環境科学国際センターの取組ー事故対応を支援する分析技術の紹介ー(PDF:543KB

水環境担当 柿本貴志 

県内河川における浸透性殺虫剤の汚染実態ーネオニコチノイド系殺虫剤とフィプロニルについてー(PDF:288KB

化学物質担当 大塚宜寿

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

電話:0480-73-8365

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?