Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年10月6日

NPO法改正説明会

 平成28年6月、特定非営利活動促進法が改正されました。

これを受け、当センターでは7月と9月に法改正に関する説明会を開催しました。

なお、改正のポイントは大きく分けて3つあります。

事業報告書等の備置期間が延長される(約3年間→約5年間)

事業報告書等(事業報告書、活動計算書、貸借対照表、財産目録、年間役員名簿、社員名簿)を事務所に備え置く期間が約3年間から約5年間(作成の日から起算して5年が経過した日を含む事業年度の末日までの間)に延長されました。

認証申請などの添付書類の縦覧期間が短縮される(2ヶ月間→1ヶ月間)

所轄庁(地域振興センター、共助社会づくり課)が行う認証申請(設立、定款変更、合併)の添付書類の縦覧期間が1ヶ月間に短縮されました。

貸借対照表の公告が必要になる

変更登記の負担を軽減するため、NPO法人の登記事項から「資産の総額」が削除され、他方、貸借対照表を作成後遅滞なく公告する方式となります。

貸借対照表の公告をするには、下記の(1)~(4)のうち、定款で定める方法によらなければなりません。

(1)官報に掲載する方法

(2)日刊新聞紙に掲載する方法

(3)電子公告(法人のHPや、内閣府NPO法人ポータルサイト等を利用する方法を含む)

(4)法人の主たる事務所の公衆の見やすい場所に掲示する方法

貸借対照表の公告を、現行定款で規定されている方法とは別の方法とする場合、定款変更が必要になります。

また、定款変更をする際は総会を開催する必要がありますので、早めにご検討ください。 

法改正についての詳細はこちらをご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画財政部 川越比企地域振興センター 総務・防災・県民生活担当

郵便番号350-1124 埼玉県川越市新宿町一丁目17番地17 ウェスタ川越公共施設棟4階

ファックス:049-243-1707

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?