Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2019年2月4日

海なし県に海を(水上公園の建設)

  昭和40年代初頭「海なし県の埼玉にも『海』を」という、県民が水に親しむことのできる施設を望む声が高まる中、昭和46年の埼玉県誕生100年記念事業の一つとして、海のない埼玉県に大型レジャープールをという構想のもとに、県中央部の上尾運動公園を拡張し、緑濃い武蔵野の面影を残す広い雑木林の中に、さいたま水上公園が開設しました。昭和46年の開園当時は「東洋一の水の殿堂」と言われました。

  昭和54年には、2番目の県営水上公園として、しらこばと公園が開設しました。この公園は、東武伊勢崎線北越谷駅から北西へ約3kmのさいたま、越谷両市にまたがる平坦な田園地帯に位置し、名称は付近に生息する県民の鳥「シラコバト」からとっています。開園当時の小さかった木々は大きく成長し、緑豊かな公園へと様相を変えてきました。

  県営3番目の水上公園として、人口増加の著しい県南西部地区に川越公園が、昭和63年に開設しました。この公園は、川越市の市街地から西へ約2km、入間川の右岸に位置し、中央部分には、シンボルである船を配し、特色のある9種類のプールが設けられ、こどもから大人まで多くの人々に親しまれています。

  さらに、平成4年7月、利根地域の田園的風景に育まれた水と緑を基調に、広域的なスポーツ・レクリエーション活動や地域づくりの拠点として家族で遊べるレジャープールを中心とした加須はなさき公園が開設しました。

 

上尾運動公園のプール

お問い合わせ

都市整備部 公園スタジアム課 公園計画・事業担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎2階

ファックス:048-830-4883

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?