Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > まちづくり > 区画整理・再開発 > つくばエクスプレス沿線のまちづくり

ここから本文です。

 

掲載日:2017年5月24日

つくばエクスプレス沿線のまちづくり

つくばエクスプレス沿線の整備

「宅地開発」と「鉄道整備」を同時に進行するプロジェクト

つくばエクスプレスと沿線のまちなみ写真

事業の概要

平成17年8月に開業を迎えたつくばエクスプレスは、東京都の秋葉原を起点として、埼玉県の南東部、八潮市と三郷市を経て、千葉県から茨城県つくば市に至る延長約58.3kmの鉄道です。

つくばエクスプレス沿線地域の整備は、「大都市地域における宅地開発及び鉄道整備の一体的推進に関する特別措置法」(いわゆる「宅鉄法」、「一体化法」)に基づいて行われている事業です。

これらの整備により、現在の常磐線の混雑緩和と交通利便性の向上、及び首都圏における住宅地の供給を促進するとともに、沿線地域の活性化に寄与することを目的としています。

埼玉県内では、八潮駅周辺の八潮南部西地区、中央地区、東地区(3地区)、三郷中央駅周辺の三郷中央地区(1地区)の合わせて4地区約374haの地域で一体型土地区画整理事業を行い、現在では八潮南部中央地区、三郷中央地区は換地処分を迎え、街並みが形成されたことで利便性が高くなっています。

さらに、つくばエクスプレスは、平成27年に開業10周年を迎え、車両の増備や運転間隔の改善などを行うとともに、東京メトロなどとの連絡運輸範囲の拡大、さらにはユニバーサルデザインの採用により、利便性が向上しています。

事業概要一覧表

地区名

施行者

面積

計画人口

事業期間

実施状況

八潮南部西

埼玉県

99.1ha

10,400人

H9~H41年度

施行中

八潮南部東

八潮市

88.1ha

9,100人

H9~H36年度

施行中

八潮南部中央

都市再生機構

72.1ha

7,500人

H9~H30年度

完了

三郷中央

都市再生機構

114.8ha

12,900人

H9~H30年度

完了

合計

-

374.1ha

39,900人

(清算期間5年を含む)

-

注1)現在は、八潮南部西地区(県施行)及び八潮南部東地区(八潮市施行)のみ施行中です。
注2)八潮南部中央地区、三郷中央地区については、直接、都市再生機構にお問い合わせください。

保留地(宅地)販売

位置図


八潮南部地区のまちづくり

八潮南部地区(西地区、東地区、中央地区)は、つくばエクスプレスの整備と合わせ、八潮市の表玄関となるまちづくりを進めています。このまちづくりは、地区内を縦断する道路にまちの輪を形成し、八潮南部地区の特徴、個性を具体的な形で表現する空間として整備を進め、「品格と活力のあるまちづくり」の実現をめざします。

八潮駅前

三郷中央地区のまちづくり

三郷中央地区のまちづくりは、「親水」と市民の「交流」をテーマにしています。

三郷中央駅前にできた「におどり公園」には、第二大場川に沿って半円型のテラスが設けられ、多くの人々の交流の場となっています。

三郷中央駅前

パンフレット

「つくばエクスプレス沿線のまちづくり」

埼玉県のつくばエクスプレス沿線の土地区画整理事業のパンフレットです。

txpr

つくばエクスプレス沿線のまちづくり(PDF:2,589KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部 市街地整備課 八潮新都市等整備担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎3階

電話:048-830-5378

ファックス:048-830-4882

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?