Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 農林部 > 農産物安全課 > 環境保全型農業 > 埼玉県の有機農業に関する全体研修会・情報交換会(受付終了)

ここから本文です。

 

掲載日:2020年8月4日

埼玉県の有機農業に関する全体研修会・情報交換会(受付終了)

申込数が定員に達したため、受付を終了しました。ありがとうございました。(8月4日追記)

埼玉県では、有機農業者を支援するため、有機農業を実践する方に共通する課題をテーマに研修会を行っています。

令和2年度 第1回有機農業に関する全体研修会

8月に、有機等農業者を対象とした研修会を開催します。

今回は、有機農業の現場における土づくりに関する講義や、県農業大学校に設置されている有機農業専攻のほ場見学、農業者同士の意見交換会を行います。

盛りだくさんな内容となっていますので、有機農業等の技術へのヒントを得る場として、交流の場として、是非ご活用ください!

日時

令和2年8月21日(金曜日) 午後1時~午後4時(開場:午後12時30分)

場所

埼玉県農業大学校 大教室(埼玉県熊谷市樋春2010)

☆アクセス方法はリンク先よりご確認ください。

※会場内に駐車場はありますが、台数に限りがあるため、なるべく公共交通機関のご利用をお願いいたします。

内容

(1) 講義「土壌診断の重要性と地力について ~堆肥の性質と有機質肥料~」

    (講師)くまがや農業協同組合 土壌診断室 技術参与 相崎 万裕美 氏

(2) ほ場見学「埼玉県農業大学校有機農業専攻の管理ほ場」

    (案内)埼玉県農業大学校 養成部 有機農業専攻担当者

(3) 意見交換「有機農業のここが知りたい」

    (コーディネーター)NPO法人有機農業推進協会 有機JAS認定検査員 平塚 靖永 氏

対象者

県内有機農業者、これから有機農業に取り組む意欲のある県内農業者、行政関係者(先着40名)

申込方法(受付終了)

申込数が定員に達したため、受付を終了しました。ありがとうございました。(8月4日追記)

参加申込書に必要事項を記入の上、下記あて先までファックスあるいはメールで送付ください。

申込締切日

令和2年8月18日(火曜日)まで

※定員40名に達し次第、受付を締め切らせていただきます。

申込書送付先

埼玉県農林部農産物安全課 安全生産・有機担当あて

(ファックス)048-830-4832、(E-mail)a4070-05@pref.saitama.lg.jp

参加申込書ダウンロード

word版(ワード:35KB)pdf版(PDF:194KB)

その他注意事項

新型コロナウイルス感染防止対策のため、マスクを着用のうえご来場ください。

校内の下駄箱は使用できませんので、外履きを入れる袋をご持参ください。

教室入口にアルコールを設置しますので、こまめな消毒にご協力ください。

適宜換気等を行います。暑くなることも予想されますので、こまめに水分補給できる飲料等をご持参ください。

ほ場見学時に、必要に応じて帽子等をご用意ください。

全体研修会チラシ1第1回全体研修会チラシ(裏)

チラシ(PDF:1,057KB)

令和元年度埼玉県の有機農業に関する全体研修会・情報交換会実施結果

令和元年度は、県内の有機農業者を対象に、第1回~第3回令和元年度埼玉県の有機農業に関する全体研修会及び令和元年度埼玉県の有機農業に関する情報交換会を開催しました。

主な概要は下記の通りです。

第1回全体研修会

本研修会は、令和元年8月29日(木曜日)北本市文化センターにて開催しました。

國學院大學教授の久保田様からは、「世界が認めた「小さい農業」―国連「家族農業の10年」と有機農業運動」と題して講演をいただき、その後、神奈川県で有機農業を実践し、NO-RA~農楽~の代表を務めておられる千葉様から「持続可能な農業経営」をテーマに事例発表をいただきました。

当日は57名のかたが参加され、特に緑肥の使用法など技術面で活発な質問が行われました。

第2回全体研修会

本研修会は、令和元年12月5日(木曜日)県民活動総合センターにて開催しました。

SNSを活用した販路拡大手法を学ぶため、株式会社コミュニティネットの代表取締役今井様に「Facebookを活用した有機農産物の販路拡大手法~FacebookとHPの連携をはかりましょう!~」と題して、実習を交えて講義していただきました。

パソコンを利用していただく研修会であったため、参加者は11名と少人数でしたが、講師と個別に相談されるかたが多くみられるなど、互いの距離が近い研修会となりました。

第3回全体研修会、情報交換会

本研修会及び情報交換会は、令和2年1月17日(金曜日)さいたま文学館にて開催しました。

午前開催の全体研修会においては、土づくりについて技術的なことを学ぶ研修とさせていただき、76名のかたにご参加いただきました。

午後開催の情報交換会においては、「求められる有機農産物」をテーマに流通業者の山崎様にご講演をいただき、その後、千葉県で有機農業を実践しておられる豊増様より、循環型農業経営と有機JASについて事例発表をしていただきました。

また、今年度は新たに3社の流通関連企業から情報提供の場を設けさせていただきました。そのほか、県内の有機農業者から技術的なネットワークへの参加呼びかけが行われるなど、89名の参加者の皆さまに、互いに交流する機会としてご活用いただきました。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林部 農産物安全課 安全生産・有機担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4832

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?