Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 公衆衛生 > 建築物の衛生 > 建築物衛生/IPM(総合的有害生物管理)

ここから本文です。

 

掲載日:2016年9月20日

建築物衛生/IPM(総合的有害生物管理)

IPM(総合的有害生物管理)について

総合的有害生物管理(Integrated Pest Management)は、1960年代にアメリカの農業分野から提唱された害虫防除体系の概念です。

建築物衛生法では、「建築物において考えられる有効・適切な技術を組み合わせて利用しながら、人の健康に対するリスクと環境への負荷を最小限にとどめるような方法で、有害生物を制御し、その水準を維持する有害生物の管理対策」と定義されており、生息状況調査を重視した防除体系です。


詳細な運用については、厚生労働省の建築物維持管理マニュアルを御覧ください。

関連する情報

建築物維持管理マニュアル(厚生労働省 建築物衛生のページ)

お問い合わせ

保健医療部 生活衛生課 環境衛生・ビル監視担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

電話:048-830-3606

ファックス:048-824-2194

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?