Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 医療 > 支援・補助 > 乳幼児 > 乳幼児医療費助成制度

ここから本文です。

 

掲載日:2018年10月1日

乳幼児医療費助成制度

この制度は

子育て世帯の経済的負担を軽減するため、お子さんにかかる医療費の一部負担金を、県と市町村で助成する制度です。

対象となるお子さんは

県内にお住まいで、医療保険(国民健康保険、社会保険、共済組合等)に加入しているお子さんが対象です。

対象とならないお子さん

  • 生活保護などを受けているお子さん
  • 里親などに養育されているお子さん
  • 乳児院などの児童福祉施設(母子生活支援施設を除く)等に入所をしているお子さん
  • 市町村の重度心身障害者医療費助成制度又はひとり親家庭等医療費助成制度に既に登録されているお子さん

 

なお、対象年齢は市町村によって異なります。県内の状況(50音順)は次のとおりです。 

nyujissijyoukyou3010

 

助成対象となる医療費は

お子さんが医療機関に入院・通院した際に支払う医療保険の一部負担金の額です。入院時の食事療養標準負担額については、各市町村にお問い合わせください。

なお、次の給付などがある場合は、一部負担金からその額を控除した金額を助成します。

  • 高額療養費、附加給付金などの、医療保険から本人に支給された額
  • 公費負担医療制度などにより支給された額
    例)未熟児の養育医療、身体障害者の育成医療(自立支援医療)

助成対象とならないもの

  • 医療保険の適用がない治療やサービス
    例)薬の容器代・予防接種の費用・おむつ代・差額ベット代・文書料など
  • 保育所、幼稚園や学校でのケガ等により、独立行政法人日本スポーツ振興センターの災害共済給付を受けられる場合

<注意>保育所などでのケガ等により災害共済給付が受けられる場合、乳幼児医療費助成制度は利用できません。災害共済給付では、医療費総額の10分の4が給付されます。是非ご活用ください。

医療費の助成の方法は

全市町村において、市町村内での窓口払いが廃止されています。ただし、市町村外で受診した場合や入院時、又は医療費が一定以上の額になった場合は、いったん医療機関の窓口での支払いが必要となる市町村もあります(その後、申請により助成が受けられます)。詳しくは、各市町村にお問い合わせください。

お問い合わせ先

助成を受けるためには、お住まいの市町村に登録が必要です。また、登録手続や登録に必要な書類は市町村によって異なります。詳しくは、お住まいの市役所・町村役場にお問い合わせください。

市町村担当課一覧(PDF:39KB)

適正受診にご理解とご協力をお願いします

  • 救急の場合を除き、平日の診療時間内に受診しましょう。
  • 同じ病気で複数の医療機関を受診する「はしご受診」は控えましょう。
  • ふだんの健康管理をしてくれる「かかりつけ医」をもちましょう。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部 国保医療課 福祉医療・後期高齢者医療担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

電話:048-830-3364

ファックス:048-830-4785

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?