Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 医療保険 > 保険者向け情報 > 特定健診受診率等向上取り組み事例集

ここから本文です。

 

掲載日:2018年7月4日

特定健診受診率等向上取り組み事例集

各保険者の独自の取り組み事例を紹介します。

 特定健診に関する主な取り組み

 <PR・周知>
○外国語翻訳したチラシを窓口に設置(英語、中国語、韓国語、トルコ語)
○商業施設でPR活動の実施、市内量販店での健康相談事業実施の際にPR
○庁用車にPR用マグネットシートを貼りPR
○市民参画での健康づくりガイドブックを作成(健康課題の共有、市民目線の重視)
○健康まつりでのPR
○コミュニティバスを活用したPR
○地元プロスポーツチームと連携したPRポスターの作成

<受診勧奨>
○こどもから健康メッセージ事業の実施
○受診強化月間の実施
○市庁舎ホールで特定健診受診率UP生活習慣病予防キャンペーンを実施
○小中学校への通知作成にあたり中学生へインタビューを行い、通知内容の精査を実施
○受診状況やレセプト情報を分析し、受診勧奨を実施(委託)
○新40歳の健康手帳郵送時に勧奨チラシを同封

<受診しやすい環境整備>
○基本健診項目に加え、貧血、心電図、尿酸、血清クレアチニン、眼底(医師の判断により)検査を無料で実施
○自己負担金500円について、40歳到達者、75歳以上及び前年度住民税非課税世帯は無料化
○心電図の実施希望者は、自己負担金500円で実施可
○大腸がん検診の同時受診ができるよう受診券を同封
○介護予防評価事業の運動機能測定、骨密度測定を実施

<特典の付与>
○県の「健康長寿埼玉モデル補助金」を活用してモデル事業を実施し、特定健診受診者に対してポイントの特典を付与
○職場等で受診した健診結果を持参した人に粗品を付与
○健診を受診した人を対象に、抽選でプレゼントを付与するキャンペーンの実施
○健康ポイントの付与

<他の健診データの提供>
○自費で受診した人間ドックの結果や職場健診の結果を提出した人に対して助成の実施
○人間ドックや職場で受けた健診結果の提供依頼
○診療情報提供事業の実施(※県医師会との契約による。H28年度19保険者実施。)
○他の健診結果を持参した人にオリジナルグッズの付与

<その他>
○県の健康マイレージ事業に参加

特定保健指導に関する主な取り組み

<利用勧奨>
○未利用者勧奨講習会を複数回実施し、一人あたりの勧奨回数を5回~6回とした
○事業案内発送から数日以内に電話勧奨を実施
○未利用者に対し、委託で電話勧奨を実施
○特定保健指導は委託で実施し、申込み業務や利用勧奨は臨機応変な個別対応を可能とするため市で実施
○地区ごとの実施状況等を取りまとめ医療機関へ出向き、医師へ直接説明して指導の勧奨を依頼
○勧奨通知に経年結果を同封した後、専門職が簡易な健康相談を交えた電話勧奨を実施

<利用しやすい環境整備>
○特定健康診査結果説明会時に動機付け支援者の初回面接を実施
○医療機関で受診した人のうち保健指導該当者には結果返却時に利用案内を実施してもらい、早期に保健指導を実施
○複数回利用者のための、講座・個別相談を新規に実施
○訪問型指導を開設

<特典の付与>
○特定保健指導の参加特典として、地元プロスポーツチームの観戦チケットを付与
○健康長寿埼玉モデル補助金を活用してモデル事業を実施し、受診者に対しポイントを付与
○保健指導完了者へ記念品を配布
○健康ポイントの付与

<その他健康づくりに向けた取組>
○高血圧教室を実施し、血圧の高い人へ健康相談を実施
○認知症予防を含めた講座を実施
○実施医療機関を対象に、実務担当者研修会を実施
○運動講座の継続利用を可能とする体制の整備
○特定保健指導対象者以外の人への通信支援、教室の案内の実施
○保健指導の利用につなげるための教室を開催
 

お問い合わせ

保健医療部 国保医療課 国保企画担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

電話:048-830-3357,3359

ファックス:048-830-4785

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?