Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 知的障害者 > 申立人がいないとき

ここから本文です。

 

掲載日:2014年12月22日

申立人がいないとき

4 申し立てる人がいない場合について

成年後見制度を利用したくても、身近に申し立てる親族がおられなかったり、申立経費や後見人の報酬を負担できないなどさまざまな理由で利用できない人は、成年後見制度の利用を公的に支援する制度「成年後見制度利用支援事業」があります。 詳しくは、お住まいの市町村にお問い合わせください。→市町村高齢者福祉担当課一覧表

なお、次の民間機関において、一部償還義務のある立替や助成ができる場合がありますので、要件に該当される場合は相談してみてください。

お問合せ先

機関名

住所及び相談電話番号等

要件等

法テラス

電話番号:0570-078374
PHS・IP電話からは03-6745-5600

受付日時:平日の9時00分~21時00分、土曜日の9時00分から17時00分(日曜祝祭日・年末年始休業)

(利用料は無料ですが、通話料は有料です)

法テラス埼玉(電話番号:0503383-5375。下記市町以外の在住の方)

法テラス川越(電話番号:0503383-5377。川越市、富士見市、坂戸市、鶴ヶ島市、ふじみ野市、三芳町、川島町、所沢市、狭山市、入間市、飯能市、日高市、越生町、毛呂山町、鳩山町にお住まいの方)

(情報提供担当の職員が、ご相談内容に応じた法制度や手続き、関係機関の相談窓口をご案内いたします。また、弁護士・司法書士による法律相談が必要な方で、経済的にお困りの方には、法テラスの民事法律扶助による無料法律相談の予約をいたします。 (受付時間 平日9時00分~12時00分、13時00分~16時00分(年末年始を除く))

法テラスは弁護士・司法書士報酬などを支払う余裕がないという方に対して、その費用を立て替える制度があります。無料の法律相談を受けた結果、弁護士・司法書士報酬等の援助(代理援助・書類作成援助)の要件を満たす場合には、費用立替制度を利用することができます。援助開始決定後、弁護士又は司法書士の選任手続きを行い、法テラスと案件を担当する弁護士又は司法書士と本人の三者間で所定の契約書を締結します。これにより、契約書記載の費用や着手金は、法テラスが弁護士又は司法書士に立て替え払いします。

利用にあたっては、最初に無料の法律相談を受けてもらう必要があります。無料相談を受けた結果、援助が必要と判断された場合に、費用の立替制度(代理援助・書類作成援助)を受けることが出来ます。立替制度を受けるためには、無料法律相談の要件に加えて、新たに勝訴の見込みに関する項目が必要とされます。さらに、申告した内容を裏付ける書類を提出する必要もあります。

公益信託成年後見助成基金

〒160-0003

東京都新宿区本塩町9-3 司法書士会館4階

社団法人 成年後見センター・リーガルサポート内 公益信託「成年後見助成基金」事務局。

電話番号:03-3359-0541

公益信託成年後見助成基金へのお申込みは毎年4月です。選考がありますので、詳しくは次のリーガルサポートのホームページをご覧ください。

お問い合わせ

福祉部 地域包括ケア課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-3251

ファックス:048-830-4781

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?