Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 障害者の自立 > 塙保己一賞 > 「第9回塙保己一賞」受賞者

ここから本文です。

 

掲載日:2017年11月28日

「第9回塙保己一賞」受賞者

平成27年度塙保己一賞(第9回)受賞者

※受賞者の年齢は、平成27年4月1日現在です。

大賞

笹川吉彦(ささがわよしひこ)氏(82歳東京都世田谷区)

sasagawa shi

障害部別:視覚障害(全盲)
現公益社団法人東京都盲人福祉協会会長。同協会を入会時から支え続け、就労支援事業の展開、職業安定確保などにより拡大充実を図り、組織を成長させた功労者。
社会福祉法人日本盲人会連合会長も務め、視覚障害者の駅ホーム転落事故防止のため、主要駅への転落防止用ホームドアの設置に向けた要望活動に尽力。
東京オリンピック・パラリンピック会場の建設に当り、室内点字ブロックの基準を策定。 

 

奨励賞

ロイ ビッショジト氏(37歳滋賀県彦根市)   Mr.Roy Bishwajit

障害部別:視覚障害(全盲)
バングラデシュ出身。海外出身者で初めて塙保己一賞を受賞。
国際視覚障害者援護協会の留学生として来日、高知県立盲学校、筑波大学理療科教員養成施設、佛教大学で学び、現在は、滋賀県立盲学校で教鞭をとる。
2005年NPO法人バングラデシュ視覚障害者支援協会ショプノを設立。募金により、バングラデシュのカレッジ在学中の視覚障害学生にショプノ奨学金を提供。 現在も支援を継続。

 

     

貢献賞

社会福祉法人日本点字図書館(東京都新宿区)

日本点字図書館

  • 日本初の本格的な点字図書館。
  • 今年は創設者「本間一夫(2003年没)」生誕100年を迎える記念の年となっており、関連する様々なイベントを展開している。
  • 図書や資料のデータ化を進め、音声対応を容易にするとともに、変換した図書データを共有するデジタルライブラリー(データ図書館)を推進。データ共有には、全国の点字図書館や視覚障害者支援センター、教育研究機関など260もの施設等が加盟。
    ※理事長:田中徹二

※日本点字図書館正面玄関:建物からさがるたくさんの鎖は、「知の滝」とよばれている。
 

お問い合わせ

福祉部 障害者福祉推進課 社会参加推進・芸術文化担当 『塙保己一賞』係

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-3309

ファックス:048-830-4789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?