Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年1月31日

ディーゼル車運行規制に関するよくある質問

埼玉県のディーゼル車運行規制について、お電話等で皆さまから寄せられる質問についてまとめてみました。

Q1.ディーゼル車はすべて規制の対象となるのですか。また、規制対象の場合、何が禁止されるのでしょうか。

A1.すべてのディーゼル車が規制の対象となるわけではありません。

軽油を燃料とする、用途が「貨物」・「乗合」・「特種」の自動車のうち、下記の型式に該当する自動車が対象となります。

埼玉県では、規制対象車両の埼玉県内の走行を禁止しています。

ただし、県が指定した粒子状物質減少装置を装着すれば走行が可能になります。

【規制の対象となる型式】

1.記号のない昭和54年頃までに製造された車両、K-、N-、P-、S-、U-、w-、KA-、KB-、KC-

2.KE-、KF-、KG-、KJ-、KK-、KL-、HA-、HB-、HC-、HE-、HF-、HM-

※2に該当する型式の車両には、一部規制に適合している車両もあります。

また、上記型式に該当しない場合であっても改造等により用途を「貨物」・「乗合」・「特種」に変更した場合は規制の対象となる場合があります。

規制対象かどうかは、大気環境課に電話またはメールにてお問合せください。

詳しくは、こちらのリーフレットをご覧ください。→リーフレット(PDF:921KB)

Q2.規制に違反した場合、罰則はありますか。

A2.はい、あります。

違反車両の運行が確認された場合、運行禁止命令が出されます。

その命令に従わない違反車両の使用者には、罰則として50万円以下の罰金が課せられます。 

Q3.自分の車が規制に適合しているかどうか調べてほしいのですが、どうすればよいのでしょうか。

 A3.自動車メーカーのお客様相談センター等にお問合せください。

また、県で調べることも可能です。

車検証が交付されている車両の場合→お調べしたい車両の車検証をファックスまたはメールで送付してください。

なお、回答はこちらから折り返しお電話で差し上げていますので、折り返し先のお電話番号・お名前を忘れずに記載してください。

 

  ●これからご購入予定の車両で、車検証が手元にない場合→「型式」・「車台番号」の2点を電話/ファックス/メールで教えてください。

  回答は、こちらから折り返しのお電話で差し上げますので、折り返し先のお電話番号・お名前を忘れずに記載してください。

※これからご購入予定の車両が外車の場合、「型式」・「車台番号」の2点では判断が難しい場合があります。

その場合、その他の情報についても提供をお願いしますので、ご協力よろしくお願いします。

Q4.規制に適合させるために粒子状物質減少装置を取り付けたのですが、どのような手続をすればよいのですか。

A4.粒子状物質減少装置の取り付けをした場合、下記の3つの手続が必要になります。

1.装置に同梱されている「登録はがき」に必要事項を記載し、投函する。

→この手続をすると、装置装着車両として埼玉県・東京都・千葉県・神奈川県に登録されます。

 

2.装置に同梱されている「装着証明書」の交付を受け、車検証と一緒に紛失しないように保管する。

→「装着証明書」は、装置の取り付けを行なった整備工場で、必要事項の記載をしてください。

また、証明書は路上での車両検査のとき、産業廃棄物の収集運搬業の使用車両の登録許可申請のときなど様々な場面で必要になりますので、

紛失することのないように保管してください。

 

3.車両の運転席側のドア、車両の後部にステッカーを貼付する。 

Q5.粒子状物質減少装置を取り付けた車両の利用期限はありますか。

A5.利用期限はありません。

Q6.証明書を紛失してしまったのですが、再発行はできるのでしょうか。

A6.証明書及びステッカーの再発行は、装置メーカーが行っています。

どの装置を取り付けたかわかる場合は、装置メーカーへ直接お問合せください。

 

どの装置を取り付けたかわからない場合は、どの装置を取り付けたかお調べすることも可能ですので、

電話/ファックス/メールにて下記の情報を教えてください。

装置の型式(例:001-C、車両に貼付したステッカーに記入されています。)

車両の型式、車台番号

なお、回答は折り返しお電話にて差し上げていますので、折り返し先のお電話番号、お名前を忘れずにお伝えください。

また、装置装着の登録をしていない車両については、ご希望に添えないことをあらかじめご了承ください。

 

※一部のメーカーでは再発行を受け付けていない場合があります。

Q7.埼玉県に使用の本拠を置きたいのですが、埼玉県の運行規制の対象となっていると車検は取れないのですか。

A7.車検については、お近くの運輸支局へお問合せください。

埼玉県の運行規制は、埼玉県を通過する車両もその対象としており、車検とは別の制度となっています。

運行規制対象車両を埼玉県で使用する場合は、粒子状物質減少装置を装着してから使用するようお願いします。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部 大気環境課 総務・自動車対策担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎3階

ファックス:048-830-4772

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?