Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2019年9月11日

燃料電池バス

埼玉県は燃料電池バスの県内導入に向けて取り組んでいます。

埼玉県で水素社会の実現を多くの人が実感でき、また環境にも優しい燃料電池バスの県内導入を目指して取り組んでいます。

令和元年9月11日から、埼玉県燃料電池バス導入事業補助金の募集を開始しました。

燃料電池バスとは

燃料電池バスは水素タンクに充填された水素と空気中の酸素の化学反応によって発生した電気を使い、モーターを回して走るバスです。
走行時に二酸化炭素や有害な排気ガスを排出せず、走行音も静かなので都市環境の改善にも有効です。
また、水素から発生した電気はバスの走行以外にも利用でき、トヨタSORAの場合、災害時などに避難所へ約5日分の電力を供給することができます。

SORA

 

 FCバス外部給電

埼玉県の取組

燃料電池バス導入に向けた検討会

燃料電池バスの本格的な導入に向けて、知識や課題を共有するために燃料電池バス製造事業者、バス事業者、水素ステーション運営事業者、自治体などを構成員とした検討会(平成29年12月までは勉強会)を開催しています。
燃料電池バスの構造についての勉強や、全国の先進事例の視察などを通じ、県内運行に向けて取り組んでいます。

平成30年度燃料電池バス試験走行

平成30年11月12日(月曜日)から平成30年11月24日(土曜日)までの13日間、トヨタ自動車株式会社から新型燃料電池バス「SORA」を借用しました。

期間中は、営業路線での試験走行や県民向けの試乗会を実施しました。試乗会では、FCバスの静かな車内や力強い加速を体感していただきました。

埼玉県マスコットの「コバトン」、「さいたまっち」も燃料電池バスに乗りました!

平成30年度燃料電池バス試乗会

(1)11月14日「埼玉県庁オープンデー」

会場:埼玉県庁

発車便数:8便

乗車人数:299名

(2)11月17日「ノリノリ!のりものフェスティバル」

会場:所沢航空記念公園

発車便数:7便

乗車人数:282名

(3)11月18日「彩の国いきいきフェスティバル」

会場:埼玉県県民活動総合センター

発車便数:6便

乗車人数:243名

(4)11月23日「バスティバル!2018」

会場:川島・平成の森公園

発車便数:8便

乗車人数:311名

水素で走るバスに乗ってみよう!(終了しました。)(PDF:1,421KB) 

 燃料電池バスコバトンFCバス

平成29年度燃料電池バス試験走行

平成29年8月29日(火曜日)から9月5日(火曜日)までの8日間、燃料電池バスの県内試験走行を実施しました。期間中は、一般路線バスの営業路線における走行や試乗会などを開催し、495人の方に御乗車いただきました。

試験走行

期間:平成29年8月29日(火曜日)から9月2日(土曜日) 
さいたま市内の一般路線バスの営業路線などにおいて試験走行を実施しました。多くの県民の方に燃料電池バスが走行している様子を見ていただきました。

 バス新都心バス桜区

試乗会(埼玉大学)

 期間:平成29年9月3日(日曜日)から9月5日(火曜日)
走行便数:11便
乗車人数:361人

埼玉大学で開催された日本機械学会2017年度年次大会において、燃料電池バスの試乗会を実施しました。会場となる埼玉大学を出発して周辺の公道を走行し、多くの方に燃料電池バスの静穏性や加速性を体感いただきました。試乗会の途中には、東京ガス株式会社の浦和水素ステーションの見学も実施しました。
燃料電池バスの試乗会と併せて、燃料電池自動車(ミライ、クラリティ・フューエルセル)の試乗会も実施しました。

 バス埼大

 バス東ガス

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部 エネルギー環境課 創エネルギー推進担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎3階

ファックス:048-830-4778

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?