Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年8月15日

埼玉県における温室効果ガス排出量の状況

埼玉県は、ストップ温暖化・埼玉ナビゲーション2050(改訂版)(埼玉県地球温暖化対策実行計画)で、2020年(平成32年)における本県の温室効果ガス排出量(需要側)を2005年(平成17年)に比べて21%削減する目標を掲げています。

このたび、2015(平成27)年度の温室効果ガス排出量の推計を行いました。概要は次のとおりです。

1  2015(平成27)年度「温室効果ガス排出量(電力供給側含む)」

温室効果ガス排出量(電力供給側含む):4,124万トン 

  • 前年度2014(平成26)年度比  126万トン(3.0%)削減

  二酸化炭素: 3,862万トン

  •  前年度2014(平成26)年度比  139万トン(3.5%)削減

その他ガス:262万トン

  • 前年度2014(平成26)年度比  13万トン(5.2%)増加

 

 2  2015(平成27)年度「温室効果ガス排出量(需要側)」

温室効果ガス排出量(需要側):3,720万トン

  • 基準年度(2005年度基準値。以下同じ)比  576万トン(13.4%)削減
  • 前年度2014(平成26)年度比  96万トン(2.5%)削減

温室効果ガス排出量の93%を占める二酸化炭素の排出量:3,459万トン

  • 基準年度比  687万トン(16.6%)削減
  • 前年度2014(平成26)年度比  109万トン(3.0%)削減

温室効果ガス排出量のうち二酸化炭素以外の排出量:262万トン

  • 基準年度比  111万トン(74.0%)増加
  • 前年度2014(平成26)年度比  13万トン(5.2%)増加

部門別の二酸化炭素排出量の構成比

  1. 産業部門・工業プロセス部門※  1,230万トン(35.5%)
  2. 業務部門  446万トン(12.9%)
  3. 家庭部門  757万トン(21.9%)
  4. 運輸部門  936万トン(27.1%)
  5. 廃棄物部門  90万トン(2.6%)(  )内は二酸化炭素排出量に対する構成比(%)

※工業プロセス部門…二酸化炭素がセメント製造時等の化学反応により発生する業種(部門)

 

  埼玉県では、県民・事業者など需要側の削減努力を適切に反映するため、電力排出係数を2005年度の東京電力の実排出係数に固定して、温室効果ガス排出量削減目標の達成状況を評価しています。

  地球温暖化に与える実際の影響は「電力供給側も含めた排出量(電力排出係数各年度値)」であることを踏まえ、地域総ぐるみで一層の排出量削減に向けた協力を求めるため、「電力供給側も含めた排出量」を御参照ください。

 

温室効果ガス排出量の詳細は以下に掲載しています。         

 

過去の公表資料

過去の公表資料はこちらをご覧ください。

埼玉県における2014年度(平成26年度)以前の温室効果ガス排出量

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部 温暖化対策課 埼玉ナビゲーション担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎2階

電話:048-830-3037

ファックス:048-830-4777

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?