Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 環境・エコ > エネルギー政策・温暖化対策 > 目標設定型排出量取引制度 > 「東京2020大会のカーボンオフセット」への協力と「ゼロカーボン3デイズin2019」の実現に向けた取組について

ここから本文です。

 

掲載日:2018年12月17日

「東京2020大会のカーボンオフセット」への協力と「ゼロカーボン3デイズin2019」の実現に向けた取組について

1.事業の概要

埼玉県は平成23年度から「目標設定型排出量取引制度」を実施し、対象事業者のCO2削減努力により目標を達成し、同制度に基づくクレジットを590万トン創出しています。
埼玉県では目標設定型排出量取引制度で対象事業所が創出したクレジットの提供を呼び掛け、東京2020組織委員会が実施する、東京オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020大会)の開催に伴い発生するCO2排出量をゼロにする取組「東京2020大会のカーボンオフセット」に協力することとしました。
また、オリンピック・パラリンピックと並び大きな国際スポーツ大会である、ラグビーワールドカップTM2019日本大会が熊谷ラグビー場で開催されることから、開催3日間の熊谷市内で排出されるすべてのCO2をオフセットする取組「ゼロカーボン3デイズin 2019」を、埼玉県独自の取組として実施することにいたしました。
つきましては、「東京2020大会のカーボンオフセット」及び「ゼロカーボン3デイズin 2019」に活用するクレジットの寄付について御協力をお願いいたします。

募集要領(PDF:471KB) ※12月17日更新(下線部分)しました。
リーフレット(PDF:588KB)

 (1)目的

ア.東京2020組織委員会が目指す「東京2020大会のカーボンオフセット」への協力

東京2020組織委員会が「持続可能性に配慮した運営計画第二版(平成30年6月公表)」で掲げた「東京2020大会の開催に伴い発生するCO₂をオフセットする取組」への協力

東京2020大会の開催に伴うCO2排出量:約293万トン(平成30年6月時点)(施設建設由来約158万トン、 運営由来 約53万トン、 観客由来 約82万トン)

イ.「ゼロカーボン3デイズin2019」の実現

ラグビーワールドカップ2019TM日本大会が熊谷市で開催される3日間及び熊谷ラグビー場こけら落としイベント等関連イベントの開催日の熊谷市内全てのCO₂排出量をオフセットしてゼロにする取組

オフセットするCO2排出量:約3万トン(1日当たり約0.8万トン×4日間)

(2)募集対象クレジット

目標設定型排出量取引制度における超過削減量、県内中小クレジット
(それぞれ1トンから受け付けます。)

【留意事項】

  • 一度、県に寄付いただいたクレジットをお戻しすることはできませんので、大規模事業所の目標達成に支障のない範囲での寄付をお願いいたします。

「東京2020大会のカーボンオフセット」及び「ゼロカーボン3デイズin2019」のうち、いずれかの取組への充当を指定して寄付することも可能です。

(3)御応募いただける方

大規模事業者等どなたでも寄付することができます。

(4)募集期間

寄付を希望される方につきましては、平成30年11月1日から簡易電子申請システムにより受付を開始いたします。

ア.東京2020組織委員会が目指す「東京2020大会のカーボンオフセット」への協力

平成30年11月1日(木曜日)より、東京2020大会までの2年間を予定
(終期は決まり次第お知らせします。)

イ.「ゼロカーボン3デイズin2019」の実現

平成30年11月1日(木曜日)から平成31年10月31日(木曜日)までの1年間

【留意事項】

  • 上記期間までにすべての手続を完了くださいますようお願いいたします。

2.クレジットの御提供に係る手続

クレジットの御提供にあたりましては、目標設定型排出量取引制度における目標達成のための排出量取引と同様に、一般管理口座の開設やクレジットの振替等の手続が必要となります。

ア.事前申込

クレジットの御提供をいただける方は、簡易電子申請システムよりお申し込みください。(利用者登録は不要です。)

事前申込

イ.本申請

アによりお申込みをいただいた方につきまして、一般管理口座の開設やクレジットの振替等のために必要な書類や提出方法等の御案内をさせていただきます。御案内させていただく内容に従って、手続をお願いいたします。
本申請の手続が終了すると、クレジットの寄付が完了となります。

3.クレジットを御提供いただいた皆様へ

(1)県からの「御礼状」等の交付

寄付いただいた方全員に、知事名の「御礼状」を交付いたします。
なお、大口寄付者の方へは、「御礼状」とは別に、「感謝状」も交付する予定です。
(交付時期及び方法等は、別途お知らせいたします。)

(2)県のホームページへの寄付事実の公表

寄付事業者の法人名(一般管理口座の名義)を埼玉県のホームページに掲載します。
また、任意で寄付事業者の企業ホームページトップのURLを埼玉県のホームページに掲載いたします。

(3)法定報告書等への記載

寄付事業者が作成・発行する法定書類(IR報告など)に、埼玉県へクレジットを寄付したことについて、記載することができます。

【留意事項】
平成30年11月19日に開催する排出量取引セミナー資料をあわせて御覧ください。

 排出量取引セミナーの資料は、県のホームページに公表しております。 
 https://www.pref.saitama.lg.jp/a0502/jigyosha.html

4.クレジット御提供にあたっての御注意

  • 「東京2020大会のカーボンオフセット」への協力に係るクレジット寄付事業者は、IR報告等の法定書類にクレジットの提供の事実を記載できます。
    ただし、寄付の事実を自らホームページやメディア等に発信することはできません。
    詳しくは、東京2020組織委員会にお問い合わせください。
    【東京2020組織委員会 お問合せ窓口】
    電話:0570-09-2020(受付時間:平日9時00分~17時00分 土日祝日、年末年始を除く)
  • 「ゼロ・カーボン3デイズin2019」への協力に係るクレジット寄付事業者の寄付の事実に関する取扱いについては、平成30年11月19日に開催する排出量取引セミナー資料を御覧ください。
  • クレジットの提供にかかる税務処理については募集要領を御覧ください。
  • クレジットの受領が適切でないと認められる場合は寄付をお受けできません。

報道発表資料(目標設定型排出量取引制度が、東京オリンピック・パラリンピック競技大会に貢献!(平成30年7月20日公表))

報道発表資料(ゼロカーボン3デイズの実施について(平成30年10月16日公表))

カーボンオフセット 組織委員会ホームページ(外部ページ)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部 温暖化対策課 計画制度・排出量取引担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎2階

ファックス:048-830-4777

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?