Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 危機管理防災部 > 化学保安課 > 冷凍設備からの冷媒漏えい防止対策等について

ここから本文です。

 

掲載日:2020年5月22日

冷凍設備からの冷媒漏えい防止対策等について

冷凍設備からの冷媒漏えい防止に関する取組

全国的に冷凍設備からの冷媒漏えい事故が増加傾向にあり、埼玉県内でも多発しています。県では、冷凍設備からの漏えい事故を未然に防止するため、冷凍事業所に向けた漏えい事故防止対策等について、チラシの配布や講習会による啓発を行っています。

1.啓発チラシ

冷媒漏えい防止に関する啓発チラシを作成し、関係事業所への立入検査や関連講習会において配布しています。事業所の保安教育にご活用ください。

別添冷凍事故注意喚起のチラシ(PDF:751KB)

2.冷凍設備保安講習会の開催

第2種冷凍事業所を対象とした講習会を開催しました。

開催実績

平成31年3月15日(市民会館うらわ)

3.関連資料等

 埼玉県環境部大気環境課のフロンの管理・回収に関するページ(https://www.pref.saitama.lg.jp/a0504/kurashi/kankyo/mondai/ondanka/kaishu/index.html)

冷凍設備からの冷媒漏えい事故情報

二酸化炭素冷媒漏えい事故(令和元年11月2日)

令和元年11月2日に、佐賀県において二酸化炭素冷媒の漏えいにより、作業員が死亡される事故が発生しました。この事故を受けて、経済産業省から「冷凍設備の修理等を行う際の法令遵守の徹底について(要請)」が発出されました。詳細については経済産業省のホームページをご確認ください。(https://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2019/12/20191206_1.html)

冷凍設備の破裂事故(令和2年4月16日)

令和2年4月16日に、岐阜県において冷凍設備から回収された冷媒であるフロンの取扱中に、作業員が死亡される事故が発生しました。この事故を受けて、経済産業省から「冷凍設備から回収された冷媒を取り扱うときの注意のお願い」が発出されました。詳細については経済産業省のホームページをご確認ください。(https://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2020/05/20200519_kouatsu.html)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理防災部 化学保安課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 危機管理防災センター1階

ファックス:048-830-8444

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?