Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2019年10月24日

 産業連関表解析ツール

産業連関表解析ツールは、埼玉県及び全国の平成23年産業連関表(埼玉県は平成28年2月に公表、全国は平成27年6月に公表)のデータを読み取りやすい形にまとめることにより、埼玉県及び全国の経済構造を、産業ごとにさまざまな観点から解析・分析できるツールです。

産業連関表解析ツール
産業連関表の概要
ツールの使用例 1【1. 埼玉県産業連関表解析ツール(部門統合編)】
ツールの使用例 2【3. 全国産業連関表解析ツール(基本分類編)】

 産業連関表解析ツール

ツールの種類

次の3種類のツールが御使用できます。
3.全国産業連関表解析ツール(基本分類編)は、基本分類(列397部門×行518部門)で分析を行うツールで、3種類のツールの中で最も詳細に分析できます。

1. 埼玉県産業連関表解析ツール(部門統合編)
    平成23年埼玉県産業連関表  13部門、37部門、108部門、190部門を解析するツール。
2. 全国産業連関表解析ツール(部門統合編)
    平成23年全国産業連関表  13部門、37部門、108部門、190部門を解析するツール。 
3. 全国産業連関表解析ツール(基本分類編)
    平成23年全国産業連関表  基本分類を解析するツール。

ページのトップへ戻る

ダウンロード

操作方法は、ツールに記載された取扱説明を御覧ください。

  1. 埼玉県産業連関表解析ツール(部門統合編)(エクセル:3,404KB)   
  2. 全国産業連関表解析ツール(部門統合編)(エクセル:3,096KB)
  3. 全国産業連関表解析ツール(基本分類編)(ZIP:7,279KB) 

ページのトップへ戻る

 産業連関表の概要

産業連関表とは、一定地域における産業間の取引や産業と最終消費者との間の1年間の取引活動を、金額ベースで表にまとめたものです。

縦方向の「列」では各産業が財・サービスを生産するのに要した費用の構成を表し、横方向の「行」では各産業の販路構成を表しています。

これにより、生産構造や取引構造、所得や移輸出入などのほか、産業間の相互関係の情報を得ることができます。表:産業連関表3部門表 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページのトップへ戻る 

 ツールの使用例 1 【全国産業連関表解析ツール(基本分類編)】

最初の画面

1. 埼玉県産業連関表解析ツール(部門統合編)を使用例を御紹介します。 図:部門選択

最初の画面で部門を選択するボタンが表示されますので、190部門をクリックし、
「シート一覧」で「県際収支」をクリックしてください。

 

 県外・海外で外貨を稼いでいる産業を知りたい場合は(埼玉)

プルダウンメニューで「移輸出」を選択すると、埼玉県から県外または海外へ移輸出される部門がコード順及び降順(金額の大きい順)に表示されます。自動車部品・同附属品、医薬品、卸売、プラスチック製品、印刷・製版・製本の移輸出額が大きいことが分かります。

表とグラフ:埼玉県の移輸出額

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

移輸出

県内で生産された財・サービスのうち県外(海外)へ供給されたもの

県外(海外)居住者が県内で購入した財・サービス

移輸入

県外(海外)で生産された財・サービスのうち県内へ供給されたもの

県内居住者が県外(海外)で購入した財・サービス

 

県際収支(移輸出額から移輸入額を差し引いた金額)を知りたい場合は(埼玉)

プルダウンメニューで「県際収支」を選択すると、移輸出額から移輸入額を差し引いた金額がコード順及び降順に表示されます。県際収支は、印刷・製版・製本、医薬品、自動車部品・同附属品、その他の非鉄金属製品、めん・パン・菓子類の県際収支の順で金額が大きいことが分かります。 表とグラフ:埼玉県の県際収支

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

介護産業の波及効果を知りたい場合は(埼玉)

「波及効果」シートから「介護」に1需要があったときに各部門に与える波及効果の大きさを分析しましょう。プルダウンメニューで「介護」を選択すると、介護部門が他の部門に与える波及効果の大きさがコード順及び降順に表示されます。降順に表示された表を見ると、飲食サービス、物品賃貸業、その他の対事業所サービス、水道、不動産仲介及び賃貸への波及効果が大きいことが分かります。

表とグラフ:埼玉県の介護産業の波及効果

 ページのトップへ戻る

  ツール使用例2【3.全国産業連関表解析ツール(基本分類編)】

最初の画面

図:シート一覧3. 全国産業連関表解析ツール(基本分類編)の使用例を御紹介します。

 

最初の画面に「シート一覧」が表示されます。
「中間投入」「購入者価格」等、解析名が表示されていますが、それぞれがボタンになっています。

乗用車の原材料等の構成を知りたい場合は(全国)

それでは、乗用車を例に、乗用車の投入構造(原材料等の構成)を解析してみましょう。「中間投入」をクリックし「中間投入」シートにジャンプします。「3511-01乗用車」の選択欄に1を入力します。表が大きいので、上にスクロールすると、乗用車の投入構造がコード順及び降順に表示されます。降順に並んだ表には、乗用車の生産に必要な原材料等が金額の大きい順に表示されます。乗用車には、自動車部品、自動車用内燃機関、企業内研究開発、卸売(卸売マージン)、工業用プラスチック製品などが多く投入されていることが分かります。

表とグラフ:乗用車の投入構造

 

「購入者価格」シートでは、乗用車の原材料等の商業・運輸マージンの金額が、「粗付加価値」シートでは、賃金や資本減耗引当などの粗付加価値額や従業者数などが分かります。

 

家計消費支出の構成を知りたい場合は(全国)

「中間投入」シートで「7211-00家計消費支出」を選択(1を入力)すると、家計における消費の内訳が表示されます。住宅賃貸料(帰属家賃)、小売(小売マージン)、飲食サービス、卸売、住宅賃貸料が大きな割合を占めています。金額が最も大きいのは住宅賃貸料(帰属家賃)ですが、これは、持家に居住している人が、自らに対して住宅賃貸業を営み、家賃収入を得ているとみなして計算している部門です。

※前に別のコードを選択していた場合は、その「1」を削除しておきます。

表とグラフ:家計消費支出の構成

 

輸出と輸入の大きい産業を知りたい場合は(全国) 

「中間投入」シートで「8011-01輸出(普通貿易)」を選択(1を入力)すると、輸出額の大きい部門(卸売(卸売マージン)、乗用車、自動車部品、集積回路、鋼船)が、「8411-01輸入(普通貿易)」を選択(1を入力)すると、輸入額の大きい部門(原油、天然ガス、石炭、医薬品、鉄鉱石)が分かります。

 

自動車部品の販売先を知りたい場合は(全国)

次に「需要構成」シートについて見てみます。「3531-021自動車部品」の選択欄に1を入力すると、自動車部品の需要構成(販売先)がコード順及び降順に表示されます。降順に並んだ表には、自動車部品の販売先が金額の大きい順に表示されます。自動車部品は、自動車部品、乗用車、輸出(普通貿易)、自動車整備、トラック・バス・その他の自動車が主な販売先となっていることが分かります。

表とグラフ:自動車部品の販売先 

その他、「雇用」シートでは部門ごとの就業者数などが、「率・係数」シートでは輸出率や自給率などが分かります。

以上見てきたように、「産業連関表解析ツール」を使用すれば、埼玉県及び全国の経済構造を、産業ごとにさまざまな切り口から分析することができます。生産構造や販売先、波及効果の大きさなどの分析に是非ご利用ください。

 ページのトップへ戻る

お問い合わせ

総務部 統計課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

ファックス:048-822-3758

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?