Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2016年5月19日

平成27年国勢調査

平成27年国勢調査に御回答いただき、ありがとうございました。

平成27年国勢調査速報結果 

今後の公表予定

 平成28年6月に抽出速報集計(調査票の約100分の1を抽出して統計表を作成)が公表される予定です。 この集計により、全調査項目についての主要な結果が明らかになります。 
   調査票の全数による集計結果は、調査から約1年後の平成28年10月に公表され、その後、より詳細な結果が順次公表される予定です。

平成27年国勢調査の概要

  調査の期日

 平成27年10月1日現在

 調査の対象

 平成27年10月1日現在、日本国内にふだん住んでいるすべての人(外国人を含む。)及び世帯

 調査事項

 ○世帯員に関する事項(13項目)

 1 氏名、2 男女の別、3 出生の年月、4 世帯主との続柄、5 配偶の関係、6 国籍、

 7 現在の住居における居住期間、8 5年前の住居の所在地、9 就業状態、

 10 所属の事業所の名称及び事業の内容、11 仕事の種類、12 従業上の地位、13 従業地又は通学地

 ○世帯に関する事項(4項目)

 1 世帯の種類、2 世帯員の数、3 住居の種類、4 住宅の建て方   

 国勢調査を装った「かたり調査」にご注意ください。

 「かたり調査」とは、国勢調査等、行政機関が行う統計調査であるかのような、紛らわしい表示や説明をして、世帯等から個人情報等を聞き出そうとする行為のことです。不審に思った際には、回答せず、埼玉県又はお住まい市区町村にお問合せください。

ページの先頭へ戻る

《コラム》~国勢調査のあゆみ~

 大正9年(1920年)に第1回の国勢調査の実施が決定しました。
 明治35年(1902年)に成立、公布された「国勢調査ニ関スル法律」によると、当初、国勢調査は10年ごとに行うことになっていました。
 しかし、10年ごとでは、急激な社会・経済の変化を把握することは難しく、各種施策の基礎資料として不十分であるとして、第1回国勢調査の2年後に当たる大正11年(1922年)の法律改正により、5年ごとに行うこととされました。
 さらに、第2次世界大戦後の昭和22年、国勢調査の実施については、「統計法」で規定され、これが現在の「統計法」(平成19年法律第53号)に引き継がれ、現在に至っています。
 なお、昭和20年(1945年)の国勢調査は、戦争の影響で実施されませんでしたが、昭和22年(1947年)に臨時の国勢調査が実施されました。昭和25年(1950年)以降は、5年ごとに実施されています。
 ちなみに、大正9年(1920年)の人口は55,963,053人、世帯数は11,122,120世帯でした。
 〈出典〉「国勢調査 e-ガイド」(総務省統計局)

ポスター

 

 

 

  

 

 〈第1回国勢調査のポスター〉


ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部 統計課 人口統計担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

電話:048-830-2309

ファックス:048-822-4104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?