Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

知事の部屋 日本再生への埼玉の挑戦 埼玉県知事 上田清司

ここから本文です。

あいさつ

知事の写真

こんにちは!埼玉県知事の上田清司です。

埼玉県には勢いがあります。
さいたまスーパーアリーナや埼玉スタジアム2〇〇2といった大規模集客施設による都市の賑わいがある一方、秩父の山並み、荒川や利根川、武蔵野の雑木林や見沼田んぼなど豊かな自然にも恵まれています。鉄道や道路の整備により「交通の要衝」となったことで、近年、更に魅力が向上しました。今や、多くの企業や人に「選ばれる埼玉」となっています。

こうした勢いを継続し、誰もが暮らしやすく、幸せを感じられる社会を築くため、県では課題の本質を捉えた取組を進めてきました。
例えば、貧困の連鎖を断つために始めた生活保護世帯の子供などへの学習支援は、国を動かし法律に基づく制度につながりました。国民健康保険のデータを活用して糖尿病の重症化を予防し人工透析への移行を防止する取組は、国の「経済財政運営と改革の基本方針2018(骨太方針)」で先進事例として紹介され、全国に広がっています。

これからも、日本をリードする施策で新たな時代にチャレンジしていきます。
目指すのは、シニアの方々が生きがいを持って活躍し、全ての子供たちが健やかに成長する人生100年時代、AIやIoTなど先進技術による利便性を誰もが享受できるスマート社会です。
特に、児童虐待や貧困の連鎖の問題は待ったなしの状況です。児童相談所と各警察署をリアルタイムで直結する全国初のシステムを構築し、迅速かつ詳細に情報共有することで深刻な状況を未然に防ぎます。また、民間団体などによる子供の居場所づくりを支援し、子供たちがチャンスと希望を持って大人になれる社会を目指します。

そして、熊谷ラグビー場が会場となっているラグビーワールドカップ2019™や県内4つの会場で行われる東京2020オリンピック・パラリンピックは、本県の更なる飛躍への好機です。観光客の誘致などに積極的に取り組み、県内各地域の発展につなげていきます。

私は日頃から、「虫の目 鳥の目 魚の目」が重要と考えています。近くから様々な角度で見る虫の目、俯瞰(ふかん)的に全体を見渡す鳥の目、世の中の流れを見る魚の目です。改元によって迎える新たな時代をより良いものとするため、異なる角度から物事を見ることで本質を捉えた取組を行っていきます。そして、誰もが暮らしやすく、幸せを実感できる埼玉をつくりたいと思います。

今後とも、皆様の御支援と御協力をよろしくお願いします。

埼玉県知事 上田清司