Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

知事の部屋 日本再生への埼玉の挑戦 埼玉県知事 上田清司

ここから本文です。

あいさつ

こんにちは!埼玉県知事の上田清司です。

埼玉県は晴れの日が多く災害が少ない県です。また、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の県内区間の全線開通や、北陸新幹線、北海道新幹線の開通などにより、交通の要衝としての立地優位性はますます高まっています。

また、2019年に日本で開催されるラグビーのワールドカップでは熊谷市が会場の一つになるほか、2020年の東京オリンピック・パラリンピックではバスケットボール、サッカー、ゴルフ、射撃が本県で実施されるなど、今後、世界的スポーツイベントが目白押しです。

このように、今日、本県は大きな勢いをもった県となっておりますが、一方で、いわゆる団塊の世代が75歳以上となる2025年には、高齢者の増加に伴う医療・介護需要の大幅な伸びと生産年齢人口の減少による社会活力の低下が懸念されています。これは大変大きな課題ですが、知恵と勇気をもって今から対策を行えば私たちは別の未来を築くことができるはずです。

そこで、私は三つの大きな取組に挑戦しています。

一つ目は「シニア革命」です。本県の2025年の65歳以上の高齢者198万人のうち、8割に当たる約157万人は社会参加可能な「元気な高齢者」と言われています。高齢となっても働く意欲のある方は働き続け、地域活動に協力いただける方には様々な分野で社会貢献していただく。私はこうしたことが可能な社会を構築していきます。そのために、「健康長寿埼玉プロジェクト」を全県展開し、健康寿命を延ばしていきます。また、地域で安心して医療や介護サービスを受けることができる「地域包括ケアシステム」を市町村と連携して構築していきます。

二つ目は「人財」の開発です。県民一人一人の個性や能力が最大限発揮できる社会をつくることが必要です。「埼玉版ウーマノミクスプロジェクト」を一層推進し、女性が活躍する埼玉を築きます。また、職業教育の充実で若者の活躍を促すとともに、生活困窮世帯の子供への学習支援を更に進めていきます。

三つ目は「稼ぐ力」の強化です。働き手が減少する中で社会の活力を維持し、高めていくためには、「稼ぐ力」を高める必要があります。「先端産業創造プロジェクト」をより加速させ、ナノカーボン、ロボット、新エネルギーなど、成長可能性の高い分野の事業化を支援し、新たな産業を県内に集積させます。また、県内中小企業の経営革新を支援し、生産性向上を図っていきます。

私は、この三つの取組を通して、我が国の進むべき方向性を示していきます。

今後とも、皆様の御支援と御協力をよろしくお願いします。

埼玉県知事 上田清司