Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年6月6日

日本地工(株)【レポート】

 

<日本のインフラを支える国内トップメーカー>

 電力・通信などのインフラを支えている電柱。同社はその電柱を支える支線アンカーを製造しており国内トップシェアを誇る。支線アンカーは電柱の倒壊を防ぐため土の中に設置されるもの。川口市で製造された同社の支線アンカーは縁の下の力持ちとして、全国各地で日本のインフラを支えている。

また、道路標識などを設置する際の杭式基礎(ポールアンカー)の製造と設置も同社の主力事業となっている。従来の基礎工事には大型のコンクリート基礎が必要とされていたが、同社のポールアンカーの開発により、施工スペース、施工時間、発生残土、交通規制時間、といったトータルコストが削減できるようになった。同社のこの技術は、平成22年度に準推奨技術(新技術活用システム検討会議(国土交通省))に選定されている。

nihonchiko1 

※電柱を支える支線アンカー。同社の主力製品となっている。

<「土の中のプロフェッショナル」として>

 同社は、支線アンカー、ポールアンカー、アース事業、環境緑化事業の4分野が主力事業となっている。

nihonchiko2

※道路標識などを設置する際に使われるポールアンカーの開発で、工事環境の大幅な改善につながった。

 

 同社の箭内弘喜生産部長からは「当社の製品・技術は一般の方の目に触れる機会は少ないのですが、創業以来60年に渡り日本のインフラの安心安全を支えてきました。これからも「土の中のプロフェッショナル」として社会に貢献していきたいと考えています。」との話があった。

お問い合わせ

企画財政部 南部地域振興センター  

郵便番号332-0035  埼玉県川口市西青木二丁目13番1号 埼玉県川口地方庁舎2階

ファックス:048-257-0529

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?