Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年10月5日

グリーン・ツーリズム関連情報(事業者向け情報)

埼玉県グリーン・ツーリズム情報ポータルサイトについて

埼玉県グリーン・ツーリズム情報ポータルサイト「グリーン・ツーリズム埼玉」は、「観光農園」や「体験農園」「農産物直売所」「体験ができる宿泊施設」などの施設情報のほか、農業体験などのイベント情報を御紹介するサイトです。

掲載を希望される方は、掲載施設の基準を御確認いただいた上で、埼玉県農業ビジネス支援課あてご連絡をお願いいたします。

掲載施設の基準 

〇観光農園

もぎ取り、摘み取り、掘り取り、オーナー制度など、来園者が直接農産物を収穫する体験ができる施設であること

〇体験施設

農業体験や加工体験、自然体験などができて、一般の方を受け入れている施設であること

〇農産物直売所

・県産農産物を取り扱っていること

・常設の直売所であること(店舗形態があること)

・営業日数が週2日以上であること

・出荷者(生産者)が複数人いること

〇宿泊施設

 農業体験、加工体験、その他体験活動を提供している宿泊施設

 グリーン・ツーリズム埼玉⇒http://www.pref.saitama.lg.jp/greentourism/

 

埼玉県グリーン・ツーリズム推進協議会について 

農山村の何気ない風景や日々の暮らしが、いま、都会で暮らす人の多くを惹き付けています。県内の農山村の魅力を発信し、多くの人が訪れる仕組みづくりを目指して、農林業者やNPO法人、宿泊施設や事業者等が中心となり、平成20年10月に「埼玉県グリーン・ツーリズム推進協議会」が設立されました。協議会では、随時会員を募集しています。

 協議会の目的

埼玉県におけるグリーン・ツーリズム(農山村における体験・交流活動)を推進するため、会員相互の連携による多様な事業を企画・展開するとともに、ビジネス化を図り、もって都市と農村の交流等による地域の活性化に資することを目的とする。

活動内容

・グリーン・ツーリズムの啓発・普及に関する事業

・地域資源のネットワーク化と情報発信に関する事業

・受入態勢整備のための人材育成等に関する事業

・ビジネス化の推進に関する事業

・その他目的達成のために必要な事業

会員

 

 

対 象 

年会費

正会員

 

 

趣旨に賛同し、グリーン・ツーリズムを実践している方、若しくは

 

これを目指している方

 

個人:3,000円

団体(NPO法人を含む):5,000円

法人(NPO法人を除く):10,000円

賛助会員 趣旨に賛同し、協力してくださる方 1口10,000円

 

 役員

会長:斎藤章一(元帝京大学経済学部教授)

理事長:毛塚 宏(NPO法人グリーンオフィスさやま)

副理事長:小川清一(NPO法人すぎとSOHOクラブ)

事務局長:山本正史(NPO法人まちづくり楽会)

理事:萩原知美(ファーム・インさぎ山)、渡辺新一(埼玉トヨペット株式会社)、稲田滋夫(岩殿満喫クラブ)

 竹下保(NPO法人がんばれ農業人)、野村恵美子(有限会社新しい村)、石井清充(神泉の郷有機農業推進協議会)

 八巻秀房(株式会社山の木、ひきいるハウス)

会員申込み 

申込みは随時受け付けております。事務局にお問い合わせください。

【事務局】

〒355-0017 埼玉県東松山市松葉町3-2-5(山本あて)

電話:0493-22-4462 ファックス:0493-22-4460

メールアドレス:arakawa@matsuyama-syobou.com

 協議会主催のセミナー実施状況

【平成28年度】

〇彩の国グリーン・ツーリズム推進のつどい2016「地域の農と食で交流を促し地域を元気に」

 日程:平成28年10月30日

 場所:くまぴあ(熊谷市)

 内容:

 基調講演「地域の農と食を活かして新たな農業ビジネスを拓く」水上篤氏(農業生産法人(株)hototo代表取締役)

 事例報告「野菜ソムリエの取り組み」牧野悦子氏(野菜ソムリエ)、「農業体験・食と農で地域活性化の取り組み」富田重直氏(NPO法人地域環境緑創造交流協会副理事長)

 交流会

 

〇第1回実践者セミナー「古民家や空き家を活かした体験・交流拠点づくり」

 日程:平成28年12月9日

 場所:カフェ紫苑(鴻巣市)

 内容:古民家カフェの運営に関する説明、古民家や空き家を活かした体験・交流拠点づくりについての意見交換

 

〇第2回実践者セミナー「有機農業を介した都市農村交流による地域活性化の取組に学ぶ」

 日程:平成29年2月10日

 場所:ステラ神泉、ヤマキ醸造(神川町)

 内容:

 事例報告「有機農業による都市住民の農業体験の取組」石井清充氏(神泉の郷有機農業推進協議会会長)、「ヤマキ醸造の国産有機にこだわった食品提供の取組」村山郁恵氏(ヤマキ醸造)

 ヤマキ醸造の見学、豆腐作り体験

 

  

お問い合わせ

農林部 農業ビジネス支援課 農地活用担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話:048-830-4033

ファックス:048-830-4830

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?