Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 健康 > 薬物乱用防止啓発サイト > お知らせ・イベント・運動 > 彩の国さいたま「ダメ。ゼッタイ。」普及運動

ここから本文です。

 

掲載日:2016年11月10日

彩の国さいたま「ダメ。ゼッタイ。」普及運動

県では、薬物乱用防止を呼び掛ける街頭キャンペーン及び薬物乱用防止のために国連を支援する募金活動を主な内容とする「彩の国さいたま『ダメ。ゼッタイ。』普及運動」を実施します。

目的

薬物乱用問題は全世界的な広がりを見せ、人間の生命はもとより、社会や国の安全や安定を脅かすなど、人類が抱える最も深刻な社会問題の一つとなっています。

このため、国連は平成10年(1998年)6月に国連麻薬特別総会を開催し、21世紀において、国際社会が一丸となって地球規模で拡大する薬物乱用問題の解決に取り組むための指針となる政治宣言及び行動計画を採択するとともにその実施を行ってきています。

更に引き続き、平成21年(2009年)3月の国連麻薬委員会において新政治宣言、「新国連薬物乱用根絶宣言」を採択し、平成31年(2019年)までに薬物乱用の根絶を目指すこととしています。

  • 新国連薬物乱用根絶宣言(2009年~2019年)の支援事業の一環として、官民一体となり、国民一人一人の薬物乱用問題に対する認識を高め、併せて、国連決議による「6・26国際麻薬乱用撲滅デー」の周知を図り、内外における薬物乱用防止に資することを目的とする。
  • 「善意の浄財を募り、開発途上国等で薬物乱用防止活動に従事している民間団体(NGO)の活動資金として国連を通じて支援する。」(「ダメ。ゼッタイ。」国連支援募金運動)ことをねらいとする(公財)麻薬・覚せい剤乱用防止センターが主催する募金活動を支援し、薬物乱用のない21世紀の地球環境づくりに資することを目的とする。

実施期間

原則として、毎年6月20日から7月19日までの1か月間とする。

 

国連支援募金について

 (公財)麻薬 ・覚せい剤乱用防止センターは、国連及び関係団体の協賛、関係省庁の後援により国連支援募金運動が行います。
この募金運動により、地球的規模での薬物乱用防止に関する理解と認識を高めるとともに、寄せられた善意の浄財は、開発途上国で薬物乱用防止活動に従事する民間団体(NGO)の活動資金として国連に寄付されるほか、国内の啓発事業にも役立てられます。

 

薬物乱用防止街頭キャンペーン

 このキャンペーンは、「覚醒剤」や「危険ドラッグ」などの危険な薬物の乱用による事件や事故が大きな社会問題になっていることを受け、薬物乱用のない社会を実現するため、県民一人一人に薬物乱用の恐ろしさを啓発することによって、薬物乱用を根絶しようとするものです。

 dame1 dame2

 


 

お問い合わせ

保健医療部 薬務課 薬物対策担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

電話:048-830-3633

ファックス:048-830-4806

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?