Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > ペット・動物 > 動物愛護 > 特定動物の飼養・保管に関する規制内容が変わります

ここから本文です。

 

掲載日:2020年2月28日

特定動物の飼養・保管に関する規制内容が変わります

特定動物の範囲に、交雑することにより生じた動物(=交雑種)※が含まれます

令和2年6月1日に施行される改正「動物の愛護及び管理に関する法律」では、特定動物の範囲に、交雑種が含まれます。

そのため、改正法施行日以降も交雑種を飼養・保管する場合は知事の許可を受ける必要があります。

※親のどちらかが特定動物である場合は、その子はすべて許可の対象です。親が両方とも交雑種である場合は、その子は対象ではありません。

 

 

 申請受付期間:令和2年3月2日~令和2年5月31日(土日祝日を除く。)

 

※申請受付期間を過ぎた場合、許可を受けることができませんのでご注意ください。
 申請受付場所:埼玉県内の保健所
 (さいたま市、川越市、越谷市、川口市で飼養・保管する場合は、各市の担当課へ直接お問合せください。)
 申請に必要な書類:詳細は上記申請受付場所である保健所にお問合せください。

愛玩目的で特定動物(交雑種を含む)を飼養又は保管することが禁止されます

令和2年6月1日以降、愛玩目的で特定動物(交雑種を含む)の飼養・保管の許可を受けることはできません。

6月1日現在、知事の許可を受けて特定動物の飼養・保管をしている人は、その個体に限り継続して飼養・保管をすることができます。

 

特定動物及び交雑種の飼養許可のイメージ

特定動物イメージ2

お問い合わせ

保健医療部 生活衛生課 総務・動物指導担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-824-2194

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?